海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

最近観た映画(『僕と世界の方程式』『未来を花束にして』など)

2月もがんばって週1で映画館に通ったけど、それでも断念した映画が数本ある。際限ないなー。

『僕と世界の方程式』

数学オリンピックを舞台にした青春映画。数学はどちらかというとオマケで、自閉症の少年が数学を通して家族や周りの人々に少しずつ心をひらいていく・・・というハートウォーミングもの。主人公が徐々に世界を受け入れていく過程が真正面から描かれていて、ピュアにいい話だと思った。あとイギリスが舞台で、ケンブリッジ大学が登場するんだけど、歴史ある大学ってすごいという気持ちになった。


『未来を花束にして』

これもイギリス映画だ。イギリス人女性が参政権を求めて戦うお話。邦題や日本版ポスターが酷いという話があったけれど、逆にこういうふうに話題になっていなかったら観に行ってなかったと思う。率直な感想として、女性性に対する捉え方がずいぶん違うな〜と思った。差別とかでなく、純粋に性差というものを深い断絶として捉えてる感じがした。これは、全然フィールドは違うけど、今の仕事の中で抱えていた問題意識でもある。

上映館が少なくて、唯一スケジュールが合った角川シネマ新宿で見たところ、メチャ狭い部屋に小さいスクリーンなので辛かった。狭すぎて、前の人に阻まれて字幕もロクに読めない最悪体験。

これまで環境を気にしたことなかったけど、毎週映画館に通っていると、だんだん、お気に入りのところや、二度と行きたくないところがはっきりしてきた。

クラウド アトラス』

トム・ティクヴァ監督の『王様のためのホログラム』を観に行くにあたって、そういやこれ観てないなーということに気づき視聴。時代の異なる6つの話が同時に進んでいく。最初はとっちらかって思えるけれども、個別の話がだんだん一つにまとまっていく様は感嘆する。

トム・ティクヴァの3話は、一見すると地味めな演出だが(ジャーマンテクノが流れるでもなしに)この人が文芸ロマンをやるとこうなるのか〜という感じ。1970年代を舞台にしたハル・ベリーのパートは、きっちりサスペンス・アクションになっていて楽しい。

対してラナ・ウォシャウスキーパート。なんといってもペ・ドゥナがかわいい〜美しい〜〜!正統派のディストピアSF。火の鳥っぽくて面白かったです、長いけど。


『王様のためのホログラム』

で、観たわけですが、よくわかんない笑
中身とかどうでもよくてトム・ハンクストム・ティクヴァ先輩のおふざけを楽しむ感じ。相変わらずドムドムしてて最高なので、ファンの人は観に行きましょう。


『たかが世界の終わり』

絶賛コメントを読んで期待値高めで行ったけど、ぜ〜んぜん私の趣味じゃなかった。たしかに画面は美しいけど、言い争っている家族、しかも顔のアップばかりを延々見せられて、2時間本当に辛かった。エンドロールで立とうと思った映画は久しぶり・・というくらい。あとからいろいろ映画評を読んで、なるほど色んな見方があるものだなあと思った。しかし文芸映画だからってなんでも良いってわけでもないなあ・・。
山内ケンジ評:『たかが世界の終わり』 | read | i-D



んで、今週末は『LA LA LAND』!!!!もう予告編20回くらい見てて期待値上げMAXなんで、つまんなかったらどおーしよ。

白洲正子「美しいもの」

 

 白洲正子さん。とんでもないインテリ女性だとは知っていたけど、著書を一冊も知らなかったので読んでみる。ひとが美しいものを求める気持ちは普遍的なものだとしても、そこから色んな過去の歴史や文学の話題を自在に連想して、まるでその本当に見聞きしたかのように感じさせる文章。鬼みたいな知性の高さにおどろく。ただ文庫本なので、紹介される美術品の品々の写真が少なかったのが残念。

 

平家の話が好きなので、平安末期の美術品の話や、西行法師の歌に関連した紀行文が出てくるとうれしくなった。ちょうど明日からCSで「平清盛」の放送が始まる!去年広島に行ったときは、レプリカだけど国宝「平家納経」を見て、精緻な輝きが散りばめられた美しさに息をのんだ。この本に出てくる美術館やお寺にも、行ってみたい。美しいものを、この目で直に見つめる時間を作ろう。春の兆しのなか、そういう意欲がわいてきた週末だった。

青い森

新しい須賀敦子


須賀敦子さんという、文学インテリ女性の極みのような人がいる。その人についての本の中で、彼女が"お父さんから「鷗外の史伝を読まなきゃなんにもならない」と言われた"と書いてあって(インテリ発言だ)、それまでほとんど無視してきた鷗外という存在が、ここ数年気になるようになってきた。


山椒大夫・高瀬舟・阿部一族 (角川文庫)

よく考えると漱石はまあまあ好きであっても、鷗外は高校の授業の『舞姫』止まりで、他は全く知らない。調べてみると『舞姫』は20代の若い頃に書かれた、まだ作家としては駆け出しの頃の作品であるらしい。全然知らなかった。次に『山椒太夫』や『安倍一族』を読んでみたら、これが文学としか形容できないすばらしさで、なるほど鷗外の歴史小説とは、既に過去になっていた武士の論理から、犠牲心や慈愛の精神をあらわしているのだなあと思い至った。


渋江抽斎 (岩波文庫)

それから満を持して読み始めた『渋江抽斎』は、一月かかってやっと一昨日読み終えることができた。なにせ言葉が難しく、iPhone日本国語大辞典アプリを片手にひたすら文字を追う毎日。でも、めちゃくちゃ面白い。渋江抽斎という故人や、その周辺の人々の出生・生き様を、ここまで調べ上げる情熱がすごい。ネットもない時代に、一人でNHKスペシャルみたいなことをやっている。探偵みたいに古書店を歩き回って、存命の関係者にインタビューして...。特に抽斎の没後、家と子どもたちを守った妻のエピソードが力強い。


須賀さんのお父さんがこの本を勧めた理由も、この女性の勇気あふれる生き方を伝えたかったからじゃないかな、と思う。また読んでいる最中に、舞姫の主人公をボコボコにする記事を読んで、抽斎の息子がへんな本を色々出していたというのも知れて、タイムリーだった。


津軽 (角川文庫クラシックス)

渋江抽斎』は江戸後期の江戸と弘前が舞台の話だったので、青森繋がりで太宰治津軽』も読んでみた。太宰さんの場合、小説よりもエッセイのほうが、なよなよした「太宰っぽさ」がいい感じに中和されて、するりと読みやすくなる気がする。中盤、実家を尋ねるくだりが、作者の素朴な心が伝わってきて特に良かった。


この二冊ですっかり、青森という土地に見せられてしまった。いつか東北新幹線に乗って行ってみたい。矢野顕子スーパーカーという、私的二大アイドルを生み出した場所としても偉大な土地であったことも、思い出した。



SUPERCAR 『PLANET short ver.』

グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状

 

ウィーンの美術館のスタッフが、ある展覧会を開催するまでの裏側を見せてくれるドキュメンタリ映画。いわゆるお仕事モノだけど、業務を進める人たちと必要以上に距離を縮めない、カメラの平熱な視線が心地よい。それどころか、ナレーションも音楽もなく、そもそもその美術館がどんな場所なのかの説明も一切ない。ただ淡々と、絵画修復士の手つきや、Windows XPで絵画の壁の配置をシミュレーションする様や、予算取りの会議の様子が写される。

 

ちらちら、なんかヤラセっぽいなと感じる演出もなくはなかったけれど、絢爛な美術館と作品、そして関わる人の仕事ぶりがあまりにも朴訥と流れてくるのに余裕を感じて、大変におもしろく見た。優雅な気持ちになる。いつまでもダラダラ見ていたかった。

100年前の文芸を読んでいたらやけに実用的な情報が目に入って来た

f:id:mitsuba3:20170201024447p:image

 

 (森鴎外渋江抽斎」より)

いまはどうなんだろう、と思ったけど、墓地には公営も民営もあるから便利な世の中になった。管理や移転手続きは、地方自治体に届け出ればいいみたい?

 

渋江抽斎、人力ファミリーヒストリーあるいはブラタモリてな感じでとても面白い。NHKがやるようなことを一人でやってる。鴎外だと山椒大夫が一番だと思っていたが、あちらが正統な文学とすると、こちらはドキュメンタリ的な、全く違う面白さがある。

映画(沈黙、ネオン・デーモン、湾生回家など)

1月後半も、がしがし映画を観た。

沈黙/サイレンス

ひたすら濃密な3時間。スコセッシの作品を見るのは初めてで、さすがに長くて少し疲弊したけれども、監督のやりたいことがビシバシ伝わってきたし、なにより映像と音が美しかった。

この映画はマスターピースと言えるほどかというと、正直微妙かもしれない。今の日本人が100%理解することは難しいかもしれない。それでも海の向こうの新大統領が生まれた日に、この映画を見ることができたという体験そのものが貴重だし、今こうして問いを投げかけられる余地があることそのものが、幸せなことだと思う。

細雪

以前BSで録画していたものを視聴。同じく原作を読んでいたので、細かい違いを比べられて楽しかった。吉永小百合の、婚期を逃した内気な30代の娘という役どころがはまっている。旧家に婿入した跡取り養子である、伊丹十三石坂浩二も格好いい。石坂浩二って本当に二枚目だったんだねえ。ただ、石坂演じる貞之助の、義理の妹・雪子(吉永)への思いが完全に恋愛感情として表現されていたのは、ちょっといただけなかった。映画的な表現として、仕方なかったのかもしれないけど。

犬神家の一族

細雪』を見て、石坂浩二市川崑作品を掘下げてみようと思って見てみた。チープなシンセ音、全然怖くない死体の人形、そしてそれを発見した時の「ジャジャーン」というBGM→からの叫び声、などなどの演出は今見ると笑いが先に来てしまうけれど、おもしろい!古典だなあ。オープニングはエヴァっぽいし。


ネオン・デーモン
観ようか観まいか迷った結果、何人かの友人の絶賛コメントを見て、意を決して観に行った。ま〜〜〜〜とにかく恐ろしかった・・・・すごく怖くて、もう二度と観たくないけれども、同時に強烈な映像体験をした。レフン監督、本当に頭おかしい人だ。自分の名前をサンローランのロゴっぽくしてたのは笑った。怖いけど、『ドライヴ』も観てみようと思う。


ロミオ+ジュリエット
ずっと観ようと思っていたバズ・ラーマンのロミジュリ。若い頃のレオ様が出てくるだけでハイ優勝。大勝利でフィニッシュです。


劇場版カードキャプターさくら リバイバル上映
なにもかもが懐かしい。実はVHSでしか観たことがなかったので、劇場は初。観終わって友人たちと、なんと優しい世界だろう、汚いものが何もない、という話をしていた。誰も彼も皆、他者への思いやりにあふれていて、人格的に不完全な人が誰一人いない世界。文字通り「はにゃ〜ん」となるですね。魔術師のお姉さんが林原めぐみだったのもビックリ。


湾生回家
昨年見損ねて諦めかけてたところ、横浜のジャック・ベティで観ることができた。個人的に、ドキュメンタリ本編とは関係ないところで、私自身の過去に繋がる場面がひとつあり、そこにとても感動してしまった。


犬神家の一族  ブルーレイ [Blu-ray]

犬神家の一族 ブルーレイ [Blu-ray]

細雪 [DVD]

細雪 [DVD]

進捗(阿古屋、沈黙など)

矢野顕子 主演『SUPER FOLK SONG』ピアノが愛した女。OTONANO powered by Sony Music Direct (Japan) Inc.

2つ目の窓

2つ目の窓

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

虞美人草 (新潮文庫)

虞美人草 (新潮文庫)


映画

映画館で「シネマ歌舞伎 阿古屋」と「SUPER FORK SONG」を見て、Amazonウディ・アレンの「マンハッタン」と河瀬直美監督「2つ目の窓」を見たので、今月10本になった。いい感じのペース。1月はまだ「沈黙」とCCさくらバイバル映画を観る予定なので楽しみ。

読書

そういえば「沈黙」、原作を挫折したままだったのを思い出して、頭からもう一度読んでみた。前は集中力が散漫だったけど、今度はなぜか、内容がするすると入ってくる。遠藤周作は基本アツい文章なので読みやすい。ストーリーを把握できたので、スコセッシ映画がより楽しみになってきた。


それで、一度挫折したものをもう一度、というモードになってきたので、同じく放置していた「虞美人草」を読んでいる。めっちゃ読みづらい。無駄にこねくり回した文章で疲れる。たとえば、長い会話文が続く時、「と、XXは言った」みたいな補足がないために、だれがどこをしゃべっているのかわからないまま3ページくらい続いたりする。


これ、てっきり初期三部作のあとの作品だと思っていたんだけど、「虞美人草」も「草枕」も、「坊っちゃん」のあとに書かれたと知ってびっくりした。そう思うと、確かに後期作品と比べると、文体が過渡期的な感じがするかもしれない。やけに漢語を織り交ぜたりとか、ちょっと中二病っぽい。

年末年始「雪」の読書(アンナ・カヴァン『氷』、谷崎『細雪』など)

ハローサマー、グッドバイ (河出文庫) 氷 (ちくま文庫) 雪国 (新潮文庫 (か-1-1))

細雪 (上) (角川文庫) 細雪 (中) (角川文庫) 細雪 (下) (角川文庫)

年末年始


忙しくて読書を2ヶ月ほどやめていたのだけれど、昨年末ころから余裕が出てきて、年末年始から積読していた本をちびちびと読んでいる。最近また、文芸を読むのがしみじみ楽しいと感じるようになった。


以前にお友だちから頂いていた『ハローサマー、グッド・バイ』は、品のよい甘さのSF青春恋愛物語で楽しませてもらった。読了後もSFな世界観を引っ張りたかったので、以前広島で購入したアンナ・カヴァンの『氷』を続けて読む。SFのような、幻想文学のような、不気味で不思議な小説で、ぐいぐいと引き込まれる。


せっかく氷の世界まで来たのだから、と、昨年末には、およそ10年ぶりに『雪国』を再読。ラストの火事の場面しか覚えていなかったけど、改めて読んでみるとたしかに、日本語が端正で美しい。ぬめぬめした水の底が、ほのかに光っているかのように、うっすらと寒気を感じさせられる。

細雪


年が明けて「雪といえば」と、谷崎の『細雪』が未読であったことを思い出し、久しぶりにゆっくり彼の日本語を味わった。谷崎文学は大好きであるがゆえに、読む度に未読作品が減ってしまうのが惜しくて、ちびちび少しずつ読み進めている。角川文庫版の『細雪』は、かまわぬスペシャルカバーになっていたので、それも良かった。『春琴抄』のようなドラマティックさよりも、なめらかに流れる線のような小説で、谷崎の『陽』の部分をいっぱいに堪能することができた。



特に印象に残ったシーンについて、書き記しておく。


三姉妹とその家族の、京都での花見の場面(上巻)
桜と、その下に立つ姉妹の姿が、目に見えるよう。とても美しい。この文章は、本当に心からその土地と、人を恋うる気持ちがないと書けないと思う。この小説の中でも屈指の名場面。


病気になった妙子を幸子が見舞いに行く場面(下巻)
この箇所だけ、『陰』の谷崎の文章になっていると感じた。幸子は、久しぶりに会った妹が寝込んでいるのを見て、病気による精神の消耗だけでなく、肉体的な退廃を感じ取る。この描写がえらく淫靡なので、不意を突かれてドキッとした。会話もなく、ただ病人を見るだけのシーンなのに、これだけみだらなイメージを喚起させられるのは、すごい。


女中のお春どんが、内緒でたばこをのむ場面(下巻)
とても短い、1・2行のシーンなのだけれども、なぜか印象に残った。この小説は、主役の姉妹を中心としながらも、その脇の人々が、いちいち愛嬌ある様子で書かれているのも良かった。


またなんといっても幸子の夫・貞之助がいちいちナイスな男なので、ぐっときた。ささやかな事件が起きる妻と義妹たちを見守りつつも、べたつかない距離感で寄り添っているのが、この上なくイケメン。



悲惨な戦争の影を感じさせながらも、それを前面には出さず、滅びゆく美しい日常が表現されているあたりは、『枕草子』を連想させた。

溺れるナイフ

gaga.ne.jp


ほとんど公開が終わっているので諦めていたところ、池袋で13日まで上映しているとのことで、急いで観に行ってきた。思っていた以上にとても良かった。観れて幸せ。正直レンタルかSVOD落ちしてからでもいいかな、と思っていたけど、劇場で見なければここまで良いと思わなかったと感じる。


まあ兎に角、画面が美しい。主演の二人を美しく撮ることに全ての神経が注がれており、絵画を観ているよう。と言ってもアート映画ではなくて、爆発する(≒溺れる)少年少女の不安定さときらめきが、これでもか、と幾度も波のように押し寄せてくるので、眩しすぎて、もう最後の方は耐えられなくなっていたほど。ほとんど閃光にちかい。


(こっからややネタバレ)

続きを読む

映画を100本観る

今週のお題「2017年にやりたいこと」


今年は映画を100本観ることにする。シネフィルなんて名乗るつもりはないけれど、年100本観ればそこそこ映画が好きな人ということになるだろう。記録はfilmarksでつける。取り急ぎ、正月休みに録画で2本、劇場で3本観た。


相変わらず文芸を読むのも楽しいんだけど、年々自分の好きなジャンルや作家のものしか読まなくなっている傾向にある。ホラーやミステリ、バカバカしいコメディ、甘ったるい少女漫画モノ、そういうものにはできるだけ関与せずに来たけれど、ここに来て興味の範囲を広げたくなってきた。嫌いなジャンルを活字で読むほどの余裕はないけど、お金払って映画館に行ったらとりあえず観るから。なるべく食わず嫌いをなくしていきたい。何でも観たい。


2回めの「羅生門」はヘッドホンで鑑賞したところ、セリフが聞き取れて、どんな話かやっとわかった。京マチ子の美しさに見とれるばかり。ビートたけし座頭市」は血が辛かったけどサクサク人が死んでいくので面白かった。


「ブルーに生まれついて」のイーサン・ホークの顔の甘いシワには時間が経ったことを感じたし、妖怪ウォッチは大人だけど毎回十分笑わせてもらえて幸せ。前野健太さんが主演の「変態だ」は今の自分にはゲテモノすぎた気がするけれど、ラスト、モノクロカメラとドラムの音が絡み合うインプロヴィゼーションは確かにすごかった。ついに観るチャンスを逃した「溺れるナイフ」は残念ながら、レンタル落ちを待つしかなさそうだ。


色んな人のおすすめプライムビデオ、是非知りたい。


羅生門 デジタル完全版 [DVD]

羅生門 デジタル完全版 [DVD]

座頭市 <北野武監督作品> [DVD]

座頭市 <北野武監督作品> [DVD]

borntobeblue.jp
www.eiga-yokai.jp
hentaida.jp