海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

2001年宇宙の旅

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)


小説版を読んだ。

(最初原作だと思っていたけど、映画のあとにクラークが書き下ろしたものであるらしい)
文庫本はそんなに分厚くはないけれど、さぞ読みにくいだろうと思っていたら、案外そうでもなかった。映画を先に観ていたので、理解できなかった部分の種明かし的な感じが強かった。昨年アメリカに行った帰りの飛行機の中で映画を観たんだ。字幕がなかったので細かいところはほとんどわからなかったけど・・。小説版を読むまで、モノリスは漠然と「神」のメタファだと思い、宗教っぽい話にとらえていた。けれどはっきりと地球外生命体をテーマにしていることがわかったし、ラストも腑に落ちた。ストーリーを把握したので、もう一回映画を見直してみたいな。

冒頭の、ヒトザルが放り投げた骨が一瞬にして宇宙船に切り替わるシーン。あれが好きだ。映画史に残るカットだと思う。あんまり映画詳しくないけど。

美しい。