海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

CODE Version 2.0

CODE VERSION 2.0

CODE VERSION 2.0


ようやく読み終わった。アーキテクチャ、隠れたあいまいさ、新シカゴ学派あたりを一通り理解。セカンドライフに関する記述は、まったく日本では流行らなかったのもあって実感が湧きにくかったな。。例えばFacebookとかにレッシグがどう考えているのか気になる。ソーシャル認証なんかは、実名主義というアーキテクチャによる規制の例にあたると思うな。レジュメをきろうと思ったけど、書き込みしたりしなかったりで難しい。一カ所これは!と思った場所があったのだけど、メモもとらずそのまま忘れてしまって、いま必死で探しているところ。こういうのをなくしたい、後悔・・・

web上にわかりやすいまとめ記事をいくつか見つけることができた。
404 Not Found
The New Chicago School - 雑記帳
松岡正剛の千夜千冊 『コモンズ』ローレンス・レッシグ

どうやら「コモンズ」のほうがCODEより後に出た本で、まとまっているみたい。