海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

5年先を予言できるか?あるいは、感覚に忠実でいること

cornelius-sound.com


前のエントリでCorneliusの「music」のクリップを貼ったのをきっかけに、久しぶりにCDラックからSensuousを出して聴いた。歌詞カードやwebサイトにフルスクリーン360度パノラマ撮影がフィーチャーされていて、2006年当時、興奮しながらそれらを見ていたのを思い出した。同じ手法で東京タワーを撮影した雑誌MARQUEEの特集号も未だに大事に持っている。今でこそ、Googleストリートビューですっかりおなじみになってしまったけれど、当時はすっごい斬新だったなあ。Corneliusは実はこれしかアルバム持っていないのだけど、このアルバムは音楽だけじゃなくてアートワーク、PV、(観たことないけどライブも)すべてが高性能に考え尽くされていて、整合された世界ができている。とても5年前(もうそんなになるのか・・)とは思えなくて、やっぱり優れたミュージシャンは先見性があるんだなあと思ったりした。


このBreezin'という曲とか、ぱっと聴くとフツ〜の曲なんだけど、ものすっごい変。だんだん平衡感覚がグニャっと歪んでいくのと同時に、視界がクリアに開ける感じが心地よい。センシュアス!(これ、マクルーハンが言っていたことそのままだね。)

Sensuous

Sensuous