海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

Connecting families with ICTs: A board messaging system for older adults and their family abroad

IEEE Xplore -
A Web-based system to facilitate elders communication with their families living abroad

IEEE Xplore -
Connecting families with ICTs: A board messaging system for older adults and their family abroad


>概要

メキシコに住むお年寄りと、アメリカに移住した若者やその家族との間のコミュニケーションを支援するためのシステムの開発。具体的には、新聞型コミュニケーションツール→伝言板型メッセージングシステムの作成。


>背景

メキシコ移民と、残されたその両親との心理的距離。メキシコの高齢化。


>方法

①ではblog技術を用いた新聞型の家族間新聞型コミュニケーションツールを提案している。お年寄り側と家族側でインターフェイスを分けていることが最大の特徴。お年寄りははタブレット型PCで、その他の家族はデスクトップPCのウェブブラウザ。写真とメッセージの共有のためCodice CMSというblog技術を用いている。写真による記憶のクイズ当てを行うことで楽しみながら過去の出来事の共有を目指したが、②ではそのような写真を撮って共有するまでのタスクの負担やインターフェイスの悪さを指摘。改善案としてよりシンプルな伝言板型のツールを開発した。両親は、バラバラになった家族の情報をかき集める「networker」となり、離れた場所に暮らす子どもたちに伝える役目を持つ。そうした家族情報を、伝言板上でパブリックに公開することでコミュニケーションをはかる。


>結論と今後

既存(05年当時)のソーシャル・コミュニケーションツール(Friendster、MySpace)はプライベート性故に家族利用には向いていない。このようなわかりやすいUIをもつツールは家族間コミュニケーションに効果的だが、メキシコにおけるインターネットの利用コストが高いという問題がある。今後は、じっさいにお年寄りに使ってもらう試験をする予定。

                        • -

まず作りっぱなしで評価をしていないのが気になる。これでIEEE通っちゃうのかという印象。根底にある問題意識は同じなので、お年寄りとその他でインターフェイスを分けるところは参考にしたい。モバイルを意識していないのはインターネットがあまり普及していないからだと思う。