海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

のだめカンタービレ 最終楽章

一つ思ったのは、楽器をつくる、メディアとしての楽器、ということについてすこし考える必要があるかもということ。ストーリー的には、水川あさみの女優さんとしての根性が一番印象に残りました。