海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

WIRE11

f:id:mitsuba3:20110827225119j:image:left

2年ぶりのWIREに行ってきた。

前と同じく全く予習をしないで行ったのだけど、問題なく十分楽しめた。DJ TAKASAで頭上のレーザービームに手を伸ばして、KEN ISHIのEXTRAで体内の血が沸点まで行って、石野卓球の絶妙な焦らしに何度も飛び跳ねて、疲れ果てて2階席でdOPを聴きながらまどろんだり、した。音以外にも、猫耳つけたお兄さんの変な踊りがフロアに流行していく様を眺めたり、いっしょに行った先輩に無理矢理Facebookでlikeさせたり、買ったばっかりのビールこぼしたり、ベンチで起き抜けにナンパされたりとか、まあとにかく楽しかった。


印象的だったのは、小さいほうのステージの最後のアクト、午前5時の田中フミヤで、イントロダクションに「The Sound of Silence」のギターアレンジがかかっていた。一晩のイベントと、今年の夏と、一度きりの青春、という3つの時間の幅が目の前に並んで、それらが清らかで鬱屈として、でもちょっとだけ明るい終わりのほうへ向かっているんだなって思って、どうしようもなくせつなくなった。