海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

いろいろやってる

プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)
東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ (ちくま文庫)
「未来の学び」をデザインする―空間・活動・共同体
向田邦子 その美と暮らし (ムック/和樂ムック)
愛蔵版 冷静と情熱のあいだ (文芸シリーズ)

・プランク・ダイヴ

「ルミナス」の続編が入っているというので、それを知ってすぐ買いにいった。あと「ワンの絨毯」はディアスポラのなかのお話の一つの修正版?だったので頭がムキ〜となりました。


・東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ

うちの書庫に置いてあったのでパラパラと読んだ。「<わたし>のメタ社会学」は、読んでみようと思う。


・未来の学びをデザインする
はこだて未来大の先生の本。本題とずれるけど、SFC的な創発とか、コラボレーションとか呼んでいるものを別の角度からみるとこういうふうになるのかな〜と思った。前にとある人に研究の相談をしたときにIDEOの本(発想する会社)読むといいよと言われて、(大学一年生のときにまわりで流行っていたので)なんとなく避けていたけど、目を通そうかな、と思った。空間とか、場っていうところで自分のことにも関係してくると思う。


向田邦子 その美と暮らし

先月からひょんなきっかけで向田邦子という人に興味を持って、どんな人なんだろうと思っていたらこういうものが出ていたので買ってみた。正直もっとおばちゃん的な人をイメージしていたけど、全くそうじゃなかった。どの写真もきりりと決まっていて、お洒落でかっこよくて綺麗。靴好きで、いつもヒールの高いBALLYのコンピを「鳴らして」歩いて仕事していた、とか憧れる。まだドラマも本もそんなに作品を知らないので、ちょっとづつ観ていこうかな。


・冷静と情熱のあいだ

中学2年生くらいのときに、映画化して流行っていたので読んだことがあったのだけど、なんだか読み返したくなって「愛蔵版」のほうを読んでみた。江國さんの方(rosso)の、ふつうの日常の書き方が好き。でもなんか今読むと少女漫画だなあ・・。


ところで、先週から卒業論文ぽいものを書き始めた。とりあえず、いままでやってきたこと/考えてきたことをいったん収束させて、卒論としての仕事でどこまでやるのかをだいたい決めてしまった。今から書けるところはあるし、私の場合書きながら考えないとなにもしないので。もちろん大々的に手直しは入れるつもりだけど、ちょっと早めに急ぎたい。考えないといけないことが結構たくさんある。