海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

かわいさは分解できない


Rosasの「ROSAS DANST ROSAS」を観た。

Twitterで「ビヨンセがPVでRosasをぱくってけしからん」というようなpostが流れてきて、そういえばUNIQLOCKが流行っていたときにもこの名前を聞いたな、と思って見てみたら、画面に釘付けになってしまった。

ああかわいらしいなあ、と思った。無表情の合間にみせる笑顔とか、肩を見せたりシャツで隠したりする仕草とか、具体的な要素ひとつひとつを取り上げることはできる。でも決定的にどこにかわいらしさが宿っているかをうまく説明できない。彼女達はナイフのように鋭い動きを、秒単位で繰り出しているはずなんだけど、その鋭ささえも丸みを帯びた何かによって包みこまれている気がする。

それにしても。ただしく筋肉を使って動くひとは美しいし、見ているだけで気持ちいい。身体性というのは、今のわたしに最も欠けていて、かつ一生かかっても獲得できそうにないものなので、すばらしいダンスパフォーマンスがあると、羨望に近い気持ちが入り交じった目で観てしまう。この映像、DVDあったらほしいな。(追記:三田に行けばVHSがあるっぽい!!!)


(ついでにビヨンセのビデオも観たけど、素人目にもこれはちょっと・・というかんじであった。)