海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

ミッドタウンは大人の空間

今年もORFが終わった。

今年は初めて独立した自分の展示スペースをもらって発表をした(昨年も展示をしたけど、先輩のスペースを一部借りてのゲリラ展示だった)。そのために実装物以外のポスターとか、見せ方もそれなりに工夫をしたし、入念な準備をして臨んだ。うまくいったとは思うし、貴重なフィードバックや嬉しい反応もあった。新しい出会いも、なじみの人々との楽しい時間も過ごせて、とてもとても有意義だった。

そういうふうに自分のことをきっちりやったせいか、逆に他の研究室の成果を見て自信をなくすことが多かった。発表成果や作品を作りこんでいる人が多くて、自分もそれを感じる余裕があったのか、全然自分がやってることってたいしたことじゃないなって思った。正直、いまやってることの延長線上でこれからもやっていこうと考えていたんだけど、考え直している。見積もりの甘さを認識した。

これからは卒論の実験と執筆に取り組んでいくけど、まずやるべきこととして、プロジェクトの紹介ページをきちんと作りたい。デモムービーも作りたい。それから進学して卒業するまでの目標として、具体的な目標を一つ定めて、それに猪突猛進していきたい。例えばどこか有名な会議に通すとか、ジャーナル掲載とか、コンテスト入賞とか、何か一つ誇れるものを持ってそして社会に出て行きたい。


SFCみたいに何でもできる環境だと、やっていることが正しいのか、これでいいのかわからない、みたいな不安はいつまでもつきまとうけど、それが消えたらおしまいだとも思う。苦笑いされても一個ずつ誠実にできることをやっていけば、いつかは満足できる気がして続けている。


f:id:mitsuba3:20111125045923j:image:w200:left