海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

男の子になりたい

毎年夏休みになると男の子になりたくなるの、と言っていた人がいて、それはすごく、すごくよくわかる。冬になると彼らの繊細さは影を潜めるのだと思っていたんだけど、そうじゃないことを今日の帰りに知った。それらが表出するところが、まなざしを向ける先が、変わるだけなんだな。

すごい乱暴に言えば、井上陽水の歌はどこまでも女性的だし、宇多田ヒカルはそのまた逆な気がする。で、横にそっと今剛さんのギターが寄り添っている。今さんの音は、一枚壁を隔てた向こうでトチ狂っているところから、一本糸をすっと引いてくるようで、とても好きだ。特に最後の、08:06あたりからはやばい。男の子になりたくなる。