海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

どぜう なまず うなぎ

f:id:mitsuba3:20111228215708j:image

2011年はいろいろと変化に満ちた特別な年だったと思う(まだ終わってないけど)。なぜかというと、だいたい月単位でどこでなにをしていたか、ほとんど思い出すことができるから。震災という大きなできごとはもちろん、一つ一つの体験が濃密で、深いものだった。素晴らしい友人とたくさんの素敵な時間を過ごせたし、勉強の面でも考え抜くことでこれだ!と思えるものに出会えた。大学四年間の中で一番充実していた年だったと断言できる。どこか遠くに行ったわけじゃないのに。

それからここに読書記録やらちょっとしたメモを書き溜めたこともよかった。読書に関しては、書いていないものも含めるともしかしたら100冊近く読んだんじゃないのかな?技術書とか全部読んだとは言い難いけど、それでも記録を付けることのメリットは大きかった。私は本当に細かいことはすぐに忘れるので、頭の外部HDDとしてこのメモが機能していると思う。最近、意外と人に見ていただいてることがわかってきたんだけど、あんまり気にせずのんびりやっていきたい。