海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

ふるえてます

勝手にふるえてろ (文春文庫)

勝手にふるえてろ (文春文庫)

綿矢りさ勝手にふるえてろ』を読んだ。本書について書かれていた、京の河童さんのブログがきっかけです。

 

どこからどう読んでも「ああああるある、あるある」ばかりで、それが自分だけじゃなく多くの未婚女性が思うことであろうことが確信できたので、すごいと思った。ヨシカが結末に取る行動は、いろんな意見があるだろうけど、自分にとっては“そぉだそーだぁー!”と思わずボールドで強調したうえで拳を上げて立ち上がりたくなるような、そういうものだった。斜め上の方向にアツくイケイケで、そこにスカッとしたし、うち震えた。でもそれでいいのか。いいのか本当に?

女の一生』や『悲しみよこんにちは』を思い出す。待つ女。昔はああいう女がいたという。アクションを起こすのは男で、セシルはそこに悲しみを見出す。一方ヨシカはぎこちない(行動ではなく感情が)。でもそれって本質的な違いじゃない気がする。あの終わり方に希望があるのなら、それと、ロマンチックラブを抱えて下降するのと、一体どちらがいいんだ?きっと勝ち負けの話じゃない。簡単に答えが出せるものじゃない。

 

あと綿矢りさ宇多田ヒカル(の作品)は似てるところがある気がした。少々のオタク精神とロマンチックラブイデオロギーの共存。以前読んだ「夢を与える」では、なんだか普通の小説だなと思っちゃったけど、「かわいそうだね?」や「ひらいて」も手にとってみるべきかもしれない。