海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

みがけばひかるよ

f:id:mitsuba3:20121230224356j:plain

玄関の大掃除をしていたら、母親が若い頃に履いていたフェラガモの靴が出てきた。「あなた履く?」ときかれたので素直に受け取った。かなりくすんでいて場所によっては痛みもあったけど、とりあえずいつものルーティンで手入れしただけで相当きれいになった。うれしい。右足のかかとに靴擦れとおぼしき赤黒いしみがちょっとついていて、若かった母の様子を勝手に想像したりしている。サイズが大きいので今度リペアのおじさんに相談して、かかとを詰めてもらえば普通に履けると思う。母はこの手の手入れをあまりしない人で、服でも何でも悪くなったら捨てるか人にあげればよいと思っている(それはそれで正しい)。劇的ビフォーアフターの様子を写真に収めたんだけどあんまりわからなくてさみしい。ここぞというときに履こうと思う。

 

靴磨きとはんだづけは似ている。どっちも魂の救済に近い。小さい頃半日ぶっ続けでリリアンやってたのと本質的に変わっていない。