海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

同名の焼酎は苦手です

f:id:mitsuba3:20121231191044j:plain

 

2012年の読書は『百年の孤独』で締めた。長かった。一族の100年間の歴史の中で動くそれぞれ生き様は壮大だったけど、一方記述はミニマムで、望遠鏡をのぞいている感じがした。同じ名を与えられた人物が時間の経過とともに出現する様を見て、家族はシステムだと改めて感じた。(『人間、男と女と役者 by Shakepheare』役割roleを演ずるのみ。)

今年はここに書けてないのも含めると、昨年より30冊くらい多く読んだけど、翻って人間生活をちゃんとできていたかというとわりとあやしい。誠実を心がけていたところは評価できると思うけど行動が伴ってなかったなあと思う。今年の失敗/失態を思いだして結構凹んでて、でも年中聴いてた宇多田ヒカルのFight the Bluesって曲を聴き直したらわりと元気が出てきた。家族と友人とお世話になった方々に感謝します。

 

明日からは古事記を読む。