海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

お約束

乙女の港 (実業之日本社文庫 - 少女の友コレクション)

乙女の港 (実業之日本社文庫 - 少女の友コレクション)


久々の衝動買いで、待ち合わせまでの時間にするりと読めてしまった。川端康成はあんまり読んでないけど、文化勲章をもらったあとに書いたものにしては彼らしさがほとんど感じられないなあと思った。(いま調べてみたら、弟子の作品に川端が赤をいれたものだということがわかった。)内容的には、むせ返るような濃い匂いに卒倒しそうになるくらい、お約束でベタだったけど、少女文化にとって「約束されている」という感覚は結構大事だということを久しぶりに再認識した。何かの目的のための関係というより、関係を維持するための関係、そのための確かな約束をほしがる感じ。