海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

モリミデビュー

太陽の塔 (新潮文庫)

太陽の塔 (新潮文庫)

(個人的には「ついに」)森見登美彦作品デビューした。正直最後のほうまで、登場人物の男子のこじらせっぷりや私でも想像できるベタな「京都の大学生」観を前に、ぱっとしないなーと思いながら読んでいたんだけど、最後の3ページがぶわっと開けたようにとてもよかった。それと途中の夢のシーン。確かに解説で本上まなみが書いているようにサリンジャーに近いものを感じたけど、そこまでさわやかではなくて畳の湿り気の混じった匂いを感じた。それと文章のリズムがよくて、するする読めてしまう。これは正直、悔しい!!