海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

装丁がいい(今月二回目)

大学四年間、後悔のないように過ごして来たつもりだけど、数少ない心残りなことの一つに、佐藤雅彦氏の授業を受けることができなかった、ということがある。私が入学した時には既に芸大に移られていたので、しょうがないと言えばしょうがないのだけど、これからどこかでお会いする機会があるといいなと思う。(もう一つ欲を言えば、校舎がまだ全て出来上がっていない頃のSFCに入学したかった。これは無茶な話。)

この人のすごいところのひとつは、一見バラバラに感じる事象に抽象的な共通部分を見出して、それを簡潔にわかりやすく、驚きを含めて伝えるところだと思う。こう文字にすると陳腐だけど.....。日常の微細なおかしみを捉えるその力にため息をつきながら、じっくり「考えの整頓」を読んだ。

考えの整頓

考えの整頓