海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

読んだ

文藝春秋 2012年 03月号 [雑誌]

文藝春秋 2012年 03月号 [雑誌]

「共喰い」はイメージ的にヒミズと被るものがあった(インタビューで田中氏は最近恋の罪を観ましたと言っていた)。円城さんはクール。でも以前読んだものよりはかなり読みやすい印象を受けた。もっと寓話っぽいお話だと、キッチュな感じになってよくも悪くも広くウケるのではないかなー、と思う。