海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

いたみ

映画「The Diary of Anne Frank」を観た。約3時間。辛かった。原作の日記をある種信奉している人間なので、観てみたのですが。

調べてないけど、映画界的にもそこまで評価が高くはないのだろう。そもそもがtragedyすぎる話なので、映像に起こすことが野暮で難儀というのもある。一方で誰かがやらなきゃいけない仕事なのも、まあ、わかる。あまり語ることはない感じ。ちなみに、実際のアンネの家はもっともっと狭かった。だからこそあの濃密な文体が生まれたのかもしれないけど。

見つめ合う若者の後ろに流れる罵声と、銃声。ひたすらに痛い。