海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

Twitterをやめた人間による、極私的iPhone利用形態

Twitterをやめてから、ちょうど一月がたった。当初、やめようとしたのはTwitterだけだったが、結果的にSNSそのものから遠ざかった生活を今は送っている。やめてみて、それまで本当にSNSどっぷりだったことがよくわかり、自分の情報環境を見直すいいきっかけになった。忘備録として、iPhoneを用いた各サービス利用の変化について書いておこうと思う。

iPhoneから、Facebookアプリを削除し、Messengerアプリだけを入れている。つまりFacebookそのものはモバイルでは見ず、PCからだけ使うようにした。これはすごくよくて、移動中に他人の言動を追いかけることを一切しなくてすむようになった。

  • Instagram/Path

いずれもアプリをiPhoneから削除。特にInstagramは、Twitter/Facebookに投稿を流すというのと、どこにもクロスポストせずに独り言と写真を流す、という2つの大きな目的があった。が、前者の必要性がなくなったため、必然的に利用しなくなった。
→結果、写真を撮らなくなった。今まで写真を撮る動機の99%は、他人に見せて共有するためということがよくわかった。これは、もう少し撮るようにしたいと思っている。

  • LINE

もともとアカウントもない。流行りまくっているので関心はあるが、使うつもりは今はない。

Tumblr公式アプリをやめて、Tumblr Gearというアプリに乗り換えた。もとから、Tumblrは普通におもしろいものをじゃんじゃか集めるのに使っていた。またreblogの合間に普通のポストをすることもある。これは以前からそうなので、Twitterやめたから変わりに、という理由ではない。ただ利用頻度は増えた気がして、feedに流れる情報が多すぎることに気づき、followingを結構減らした。そしてTumblr Gearっていうアプリを最近知ったのだが、これは素晴らしくて、インタフェイスがさくさくでストレスがない。あとreblogはできるがポストはできなくて、余計なことをポストしないために抑止力になっている。

アプリを入れて使っているが、最近のアップデートでヌルヌル感が増したように思う。

  • はてなワン

今最もアツいweb1.0体感型SNS

  • 各種ニュースアプリとRSS

これが一番の変化。とにかくTwitterをやめて、周囲の知人友人の近況を見なくなったかわりに、一般報道をよく読むように心がけている。iPhoneRSSを読むのには、MobileRSSというアプリを使っている。量が多いので、合間の時間に読める分だけ読む。本当はWSJや日経も読みたいが、もう少しうまくさばけるようになってからにしようと思う。

具体的には以下。

  • BBC:アプリも入れているが、RSS中心。英語。
  • CNN:RSS。英語。
  • NHK:RSS。新着ニュース・「かぶん」ブログの2つ。日本語。
  • AFP:アプリも入れているが、RSS中心。日本語。

また、余裕があれば以下のサイトには見出しだけ目を通して、気になるものを読むようにしている。これらは主に、ネットトレンドを追うため。いずれも日本語。

  • BLOGOS
  • Nippon.com
  • WIRED

大学に入学してからというもの、一般的な時事とはほぼ無縁の生活を送ってきた。ニュースに触れるとしても、たまに見る朝夕のテレビか、Twitterで流れてくる記事を見る程度だった。まだ具体的にいいことがあったわけではないが、ニュースを読むことは無駄ではないと思う。

BBCやCNNは、短い見出しだけを読んでいる。長い記事を全部理解しようとすると辛いけど、見出しだけならがんばればわかるし、結構知らない単語や言い回しが多くて勉強になる。

それから、当然ながら、海外メディアと日本のメディアで伝えられる報道には相当なギャップがあると痛切に感じている。前者では原発はおろか、日本の話題すら全く上らない。対して、イタリアの大地震の話なんかは、TVでもネットでも、ほとんど報道されることがないように感じる。

※追記:つまり、大げさに言えば、ソーシャルメディアからマスメディアへの回帰の傾向にある、ということなんだと思う。