海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

2時間半のコマーシャル

映画 『華麗なるギャツビー』 公式サイト

物事がうまくいかないとき、人は肥大化した過去に夢をみてしまうもので、だからどう見たってGatsby=The United States of Americaなわけで、そういう意味では非常に露悪的だった。

あの国、本当に景気悪いんだなあ。プラダとミュウミュウとティファニーとブルックスブラザーズ全面協力らしい。007かとつっこみたくなる。リーマン・ショックの影響の大きさをすごい感じる。ただのエンタメだろって言われたら、そうだけど。もうここまでしないと、モノ売れないんだっていう驚きがある。あと尺が長かった、2時間でいい。

観終わってから公式サイトみてたら、soundcloudでサントラ曲紹介してたりとかTumblrでオリジナル・シャンパン・カクテルの作りかた載せてたりしてて、今時のソーシャル・プロモーションって感じがする。

※6/17 追記
なんだか読み返して、評価を低くしてるように思われるかもしれないと思ったのだけども、基本的には丁寧に作られたいい映画だとおもいました。正統なアメリカの、エンタテインメントというイメージ。それがこの時代になぜ、リバイバルされているのかに興味がある。