海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

あわ

  • この間L'Écume des joursを読んだのは、ミシェル・ゴンドリーの映画がはやくみたいなと思ったからで、いざ読んでみたら底抜けに明るくて悲しい話しでもうどうしてくれるんだこんちくしょうこんにゃろうって感じだった。今もかなしみに引っ張られている。映画トレーラー、仏語全くわからんけどサムネでもう泣ける。
  • 泡。洗濯のしゃぼん。ビールの白くておいしいとこ。人魚姫の末路。定義を調べると、泡は気体でも液体でも固体でもないらしい。Limboみたいだよ。
  • ある人にパール・S・バック著『大地』をおすすめされ、グランデで見かけるも、文庫4巻もあるのでダルいなと思い買うのを躊躇。「絶対泣くと思うよ」と言われたが、どうでしょう。
  • 変わりに澤口書店で『ダロウェイ夫人』買った。おもしろい。200円の遊戯である。

キリンの泡 芳醇アップル&ホップ 450ml×24本

キリンの泡 芳醇アップル&ホップ 450ml×24本

↑これおいしい。氷と白ワインで割るとなお良い。