海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

紅の豚を見返した

誰に言われたことでもないが、年中センチメンタル女とはわたしのことですが、最近疲れてるせいかなんなのか、気を抜くと過ぎ行く時間のことを想ってしまう。


いつも時間は流れる、いま大好きな人たちともいつか別れる時がくる。ものすごい勢いで色々なことが起こっていて、わたしという生活の、うろこが毎日色を変えている。万物は須く流線形をしていることを実感する。


紅の豚を見返した。残酷な話だ。残酷というのは、せつないということだ。

時には昔の話を、の、間奏のストリングスが好きだ。