読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の響きを懐かしむ

さみしくはない

服を買うのが苦しい

季節の変わり目になると苦しい。

自分は超おしゃれさんではないし、かといって服に全く気を使わないわけでもないし、いい歳になってきてるのに未だに自分のファッションのスタイルというものがない。

幾つかの手持ちの服は確かに自分好みだけど、それらを自分が着こなせているかというと疑問で、その自信の無さ*1が服に対して失礼な気がしてしまう。だから新しい服を買う時、いつもなんだかうしろめたい。そんな気持ちで買い物をしているから、冒険心がわかない。

結局ECサイトで「セール限定 1万円未満」でクエリを投げ続けることになり、気持ち的にもお値段的にもそこそこの服だけが残る。ファッションにはきっと、何かが欲しい、欲しい物を手に入れてああなりたい、という初期衝動のようなもの必要な気がして、自分のような中途半端な態度の人間にとってはそれ自体が重い。

あと普通に考えて服が高い。おしゃれをしたいけど、ワンピースに2万も3万もポンポン出せるわけでもなし。


雨宮まみさんのお買い物ブログを読んでいると、ECでも実店舗でも、好奇心を持って楽しそうに買い物をしていてすごいなあと思う。*2

*1:じゃあ自信をつけるための努力をしなよ、という話。めんどうくさがっているのと、どうやったらいいかわからない、他にしたいことがあるのでプライオリティが相対的に低いというのの2つがある

*2:amazonでなにが買えますか?