海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

『ナタリーってこうなってたのか』

ナタリーってこうなってたのか (YOUR BOOKS 02)

ナタリーってこうなってたのか (YOUR BOOKS 02)


大山さんの手記の部分と、巻末の特別対談で語られる、外から見る大山さんの印象に、ギャップがあっておもしろい。本人は「とにかくコツコツやってきた」とあるけど、津田大介氏曰く「天才」らしい。

"ニュース"サイトとしてあるべき正しい姿を追求して、淡々と繰り返した結果、「ゆるい」サイトができるというのは、たしかにマジックがかかっているように思う。

おやつナタリーの顛末*1も語られていて好感が持てた。

殺伐としがちなネットの世界であっても、真面目にコツコツやっていれば、批判されたり叩かれたりすることはあまりない、ということもわかってきた。(P.64)

無色透明でありたい(P.73)

ナタリーは記者一人ひとりが「自己表現のためのメディアではない」という意識を共有しており、全員がそれをきっちり守っている。(中略)ゆるく見えてもゆるくやっているわけではない。(P.106)