海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

宇多田ヒカルのうた

大人の壮大なカラオケって感じだ。それぞれ歌っているのは確かに椎名林檎であり浜崎あゆみでありハナレグミなのに、聴き終わったあと「あー宇多田ヒカルだなー」って思うので、企画としてはまあ、大成功している。

宇多田ヒカル、声がフィーチャーされがちだけど、実は同じくらい彼女が手をかけてるトラックが重要で、そのトラックが全て取っ払われた時にどういう「自由」が残るかっていうのが、各人のお題として与えられてる感じがした。


でも、何回も聴くCDじゃないかもって思ってしまった。


Automatic

Automatic