読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の響きを懐かしむ

さみしくはない

綱島ラジウム温泉の思い出

よく晴れた日曜日

先日、会社の同期と綱島ラジウム温泉に行った。

前武蔵小杉に住んでいた友だちが、東急線沿線の銭湯巡りにハマっていて、教えてくれたのだけど、行ったことはなかった。全国的に知名度がある場所だということも知らなくて、id:teensさんと話している中でその筋で有名な(?)場所であるということを知ったのだった。


お昼に同期と集合。みんな疲れているのか、ドタキャンの子もいたけれど、ゆるくリラックスしようの会なので気にしない。

綱島で降りるのは本当に久しぶり。高校生以来じゃないだろうか。部活で仲が良かった子が住んでいたので、よく遊びに来ていた。鶴見川そばのラウンドワンでSPEEDを歌ったりプリクラを撮ったりしていたことを思い出していた。

おひるごはん

西口商店街すぐの定食屋でお昼を食べることにした。

まぐろアボカド定食を注文。頼んだ直後にカロリーを思い出して後悔するも、おいしかったのでよいことにする。こういう庶民的な定食屋が、会社の近くに欲しいのにね、と話した。

定食が来てからは、食べながら会社の話。休みの日に仕事の話はいかがなものかと思いつつ、なんだかんだ私含め、みんな熱いところがあるので、そういう話題になってしまう。全員部署がバラバラで、普段だれとも関わりが無いので、会社の動きやおぼろげな像を掴む意味でも、彼らが何をしているかわかることは重要。

翻って自分はといえば、新しい業務の内容をうまく説明できず、しどろもどろになってしまう。これは社外の友だちに話すときもそうなのだけど、自分の考えていること、進めていることを言葉で伝えられず、つまづいてしまうことが多い。幸い、頭の良い方が多くて、「それってつまりこういうことでしょ」と翻訳してもらえるのだけど、何故最初からこういう風に話せないのか…と、すごくもどかしい。前提情報を整理して、今課題に思っていることを伝える。

温泉


綱島ラジウム温泉〜東京園 [東横線綱島駅綱島商店街]

おなかいっぱいになったので、いよいよ温泉に移動。せっかくなので記念に、と建物の前で同期女子と写真を撮っていたら、男子に「女子高生か」とつっこまれた。

入園の際、受付のおばあちゃんに「イベントの受付はあっちですよ」と言われる。振り返ると、若いお兄さんが座っていた。普通に入浴なので…と伝えて、一般客としてあがったが、この時点でディープな雰囲気がムンムンしていた。

1階のフロアでは、近所の家族連れや、おじいちゃんおばあちゃんたちが座ってくつろいでいる。飲食持ち込み可能ということは知っていたのだけど、持ち込みというより、もはやリビングみたいになっていて、昼間からビール瓶開けてミックスナッツを食らい、横になるお年寄りが多数。すでにおもしろい。思い出したようにお風呂に入る。


大浴場は想像通りの銭湯という感じで、ひろびろとしていて気持ちがよかった。お湯はまっくろで*1、透明度はなく下にはなにも見えない。電気風呂もあって、興味本位で浸かってみたら本当にしびれて、びっくりした。1分位入っていたら気持ち悪くなってしまった。


湯船から上を見上げると、高い天井からさんさんと光が入ってきていた。先日読んだ『茄子』で、おじさんが気持ちよさそうにお風呂に入るシーンを思い出した。

風呂あがりに髪を乾かしながら、となりのおばさんと談笑。イベントに来た客と思われたらしく、最近は若い人多いのよねえなどと聞く。前の日は結婚式(!)をここでやっていたらしい。確かにここでやれば、場所代はそんなにかからないし、ゲストはお風呂に入れるし、良いソリューションなのかもしれない!

ヘドバンとチークダンス

同期と合流し、館内を回る。2階に上がると、旅館の宴会場みたいなところで、バンドが演奏していた。ややプログレっぽい変拍子の音楽で、ステージ前に20〜30代の人々がお酒を飲みながら、ヘドバンしたりゆらゆら身体を動かしている。親子連れもいて、爆音のなか、子どもが駆けずり回る様はカオスとしか言いようがない。

一階に戻り、売店。牛乳だけにしようと思っていたが、やはり飲もうということになり、青りんごサワーを購入。

別のホールみたいな部屋では、シニアの方々によるチークダンス大会が繰り広げられていた。誰かが適当に入れたカラオケから演歌が流れ続け、それを誰かが歌いはじめると、アベックの皆様が壇上に上がり踊りだす....という空間。最初はゲラゲラ笑っていたけど、あまりにも淡々とカラオケ&チークダンスが繰り広げられるので、だんだん笑うのも野暮になってきた。眠くなってきて、寝っ転がって合いの手を入れたり、ツマミを追加して食べたりしていた。


すごい場所だった。

温泉そのものはむしろ蛇足で、スパリゾートハワイアンズみたいな、温泉を取り入れたレジャー施設と言ったほうが正しいか。温泉→ヘドバン→チークダンスの落差がおもしろすぎてずっと笑っていた。あまりにも牧歌的な空間で、日本の未来は明るいなあと、本気で思えてくるくらい。特に何を企画したわけでもないのに、同期にもたいへん喜んでもらえて、うれしかった。


結局3時間ほどダラダラして、解散。次はイベントがない日に、お弁当持って来るのもいいかもしれない。