海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

優しさ


映画『博士と彼女のセオリー』NOW PLAYING


ホーキング映画、すごく良かった。後半〜クライマックスでだんだんと静かな涙が波みたいに押し寄せて、ラストシーンは決壊したみたいに涙してしまった。

とにかくエディ・レッドメインの演技/演出と、静かで言葉少なでありつつきっちりと説明してくれる映像が丁寧で良い。身体でも声でもなく瞳と口元でホーキング博士を演技していて、本当に優しく明晰な科学者という感じがした。
英国王のスピーチ』の時も思ったけど、イギリスにおける王室やケンブリッジ大学の立ち位置というのは誠に羨ましいものがある。我々がひっくり返っても決して手に入ることのないもののような気がしている。


人間は不可逆な時間の流れのなかでたくさんの選択をしていて、でも他者との関係性の中で育まれた真実はいかなるfactにも勝るということ、その儚さと美しさを見せられて、涙したように思う。


狙ったわけじゃないけれど、今週はすごく疲れていて、映画見たあともどっと疲れたのだけれど妙な清涼感もあって、なんだか泣いてデトックスみたいになってしまった・・・。