海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

春の海

ぐるなびお題「思い出のレストラン」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/gnavi201503


横浜中華街で家族と食事。

飲茶のほうの萬珍楼。
昨日の映画の余韻を引きずっていたので、思わずホーキング氏の話に。
むかし親戚が、とある場所で氏のプライベートな時間に遭遇して、話しかけたという話を聞く。
行動力がある人はすごい。

昼からビール、点心でおなかいっぱいになる。大根餅がおいしかった。
食べ過ぎたので散歩をすることにし、山下公園まで出ると、横浜マラソンのランナーたちが走っていて、たいへんな賑いだった。


海沿いを散歩しながら、みなとみらいの方まで歩く。
みるみる晴れてきて、最高の天気。
コクリコ坂から』のサントラを小さめに耳に流すと、子どもたちの嬌声と、波の音が覆いかぶさってきた。


マラソン、仮装をしたランナーもいたけれど、9割位の人は真面目に走っていた。(フルマラソンだから当然か)
沿道で応援している人、よくみるとジャニーズのコンサートで使うような、モールと文字でデコったうちわを持っている人もいて、これはスポーツというよりレジャーなんだなあと思った。走る人、応援する人、みんな幸せそうでそれが愉快で、ついついゴールのパシフィコまで行ってしまった。
芸能人も何名か走っていたようで、ステージでインタビューを受けたりしているのをぼうっと眺めていた。


帰路、電車の中で写真家・宇壽山貴久子さんのオリーブに関する手記を読んだ。すごくいい文章。私はオリーブという雑誌をこの手にとってめくってみたことは一度もないのだけれど、リアルタイムで読者だった人たちとは、どんなに言葉を尽くしても共有できない時代の熱量みたいなものがあると思う。

オリーブ少女失格 - NOTEBOOK