海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

芝居をした

連休最終日、おもしろい機会をいただいた。
本当に小芝居というか、演技と言うのもおぼつかないくらいの小さなことだけれども
与えられた役割に沿って精一杯振る舞った。ものすごく集中した。
カメラが回っている時以外も、なるべく良い雰囲気になるようにつとめたつもりでもある。


中学高校、演劇部だった。
人前でそういったことしたのは卒業以来、だいぶ久しぶりだったけど、
ああいう小さなものでも、やっぱり「現場」は楽しいなあということを思い出した。
本当に、忘れていた感覚だったので、思い出すことができてうれしい。