海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

進捗(阿古屋、沈黙など)

矢野顕子 主演『SUPER FOLK SONG』ピアノが愛した女。OTONANO powered by Sony Music Direct (Japan) Inc.

2つ目の窓

2つ目の窓

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

虞美人草 (新潮文庫)

虞美人草 (新潮文庫)


映画

映画館で「シネマ歌舞伎 阿古屋」と「SUPER FORK SONG」を見て、Amazonウディ・アレンの「マンハッタン」と河瀬直美監督「2つ目の窓」を見たので、今月10本になった。いい感じのペース。1月はまだ「沈黙」とCCさくらバイバル映画を観る予定なので楽しみ。

読書

そういえば「沈黙」、原作を挫折したままだったのを思い出して、頭からもう一度読んでみた。前は集中力が散漫だったけど、今度はなぜか、内容がするすると入ってくる。遠藤周作は基本アツい文章なので読みやすい。ストーリーを把握できたので、スコセッシ映画がより楽しみになってきた。


それで、一度挫折したものをもう一度、というモードになってきたので、同じく放置していた「虞美人草」を読んでいる。めっちゃ読みづらい。無駄にこねくり回した文章で疲れる。たとえば、長い会話文が続く時、「と、XXは言った」みたいな補足がないために、だれがどこをしゃべっているのかわからないまま3ページくらい続いたりする。


これ、てっきり初期三部作のあとの作品だと思っていたんだけど、「虞美人草」も「草枕」も、「坊っちゃん」のあとに書かれたと知ってびっくりした。そう思うと、確かに後期作品と比べると、文体が過渡期的な感じがするかもしれない。やけに漢語を織り交ぜたりとか、ちょっと中二病っぽい。