海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

「スパイダーマン」シリーズを一気見した

最低限のマーベルの知識(MCUとは何か)だけ予習して、
あとは全く知らないまま、
まずは公開中の「スパイダーマン:ホームカミング」を観た。
そのあと、過去のスパイダーマンシリーズを順番に観ていった。

www.spiderman-movie.jp


まず、設定(役名、基本的な人間関係等)は同じなまま、
違う役者、異なるキャラ付けで
何回も映像化されている、ということ自体が
歌舞伎とか、テニミュみたいな感じで、おもしろいと思った。


スパイダーマンのこと本当に知らなかったので、
どベタな勧善懲悪だと思っていたら
意外とそうでもなく。
悪役にも悪役なりに悲しい過去があり、
やむを得ない事情で悪くなってしまう。
絶対的な悪人がいない世界なんだなあと。


悩める普通の少年:ピーター・パーカーが主人公というのもいい。
正義のために人に尽くすヒーロー像(ハレ)と
青春(恋愛と友情)に懊悩する少年の姿(ケ)が
いい具合にミックスされたアクション作品=スパイダーマンであり、
だからこそ人気があるのだとわかった。


断片的にアメコミを観てきた感じ、
MCU*1は明るすぎるし、
DC*2は暗い。
スパイダーマンはその中間のところを埋めていて
バランス感覚が良いと思った。


作品的にはアカデミー賞も取っている「スパイダーマン2」が
一番おもしろかったかなあ。
でも「アメイジングスパイダーマン2」のほうが、
ヒーローに助けられるだけじゃなく、共に戦うヒロイン像があって
観ててウキウキしたな。
あとエマ・ストーンがメチャクチャ可愛い。


「ホームカミング」は、ややポップ寄りだったかも。
あと主演のトム・ホランドくんはイギリス人なので、
にじみ出ちゃう貴公子感があって、
クイーンズのイケてない高校生の感じがあんまりしなかった。w
明らかに今後絡んで来る感じの、ゼンデイヤ演じるニヒルなMJも良かったなー。


シビル・ウォー観てないから、アイアンマンとの関係とか、
ちゃんと確認してからもう一回観たい。