海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

実写『美女と野獣』3回見て3回号泣した、永遠の愛を知るということ

(※ちょっとネタバレ有りなので、これから見る人は注意です)



先週末公開されて、IMAX 3D字幕→2D吹き替え→IMAX 3D字幕、と3度鑑賞。


もう一体、何がどうなっているのか・・・
3回とも嗚咽が止まらず号泣してしまった。
特にIMAX 3Dの迫力が凄まじく、涙でぐちゃぐちゃになって大変なことに...。


個人的にはダントツで字幕派だったけれど、吹き替えもよくできていた。
特にLGBTの要素を吹き込まれた、ル・フウの声を演じる藤井隆さんが素晴らしかった。


主役のエマ・ワトソンの演技・美貌も国宝もの。
この映画でハーマイオニーを軽くK点越えしているし、
彼女のおかげで後世に残る映画になっているのではないか。

歌も素晴らしいけれど、個人的にダントツ好きなのが、
野獣に図書室に入れてもらって感激するシーン。
本当に本と物語が好きな人がする顔をしている...。
彼女は真のインテリだと感じた。



・・・というように、色々凄いところがありすぎる。


綺麗な映像と、アラン・メンケンの(新曲含む!)素晴らしい音楽
個性があって現代的なキャラクター、そういった要素全てが絡み合って、畳み掛けてくる。
ディズニーに本気でタコ殴りにされる映画。本当にすごい。



自分は単純な人間なので、「永遠の愛」に弱い。


これまで前が見えなくなるほど号泣した映画って、
風と共に去りぬ』とか『カサブランカ』、『博士と彼女のセオリー』とかで、
単なるラブロマンスを越えた「永遠」を感じる瞬間に立ち会うと、心から感動してしまう。


今回、アニメ版に加えて書き下ろされた曲に「Evermore(日本語タイトル:ひそかな夢」という歌がある。
これは野獣が、ベルを愛することを知ったが故に、彼女を自由の身にし、父親の元に帰したあと、その孤独と愛について歌うバラードだ。
そのサビの歌詞がこれ。

Now I know she'll never leave me
Even as she runs away


たとえ愛する人といつも一緒にいなくても、離れてても、
心の中でその人はずっと生きている。
その人の不在さえも受け入れることが愛なんだ、という普遍のメッセージ。


そしてここからがさらにすごい。
クライマックス、ベルが野獣に「I love you」と告げ、
野獣が人間の王子の姿に戻り、キスをするシーン。
アニメ版だと、ここに以下のようなセリフが入る。

王子:「Belle, it's me!」
ベル:(訝しげに王子の髪を撫で、瞳をしばらく見つめてから)
「....it is you!」


このセリフが、なんと実写版では存在しなかった!!!


たった数秒。二人の人間の役者が見つめ合い、キスをする。
それだけなのに、ベルと野獣が心から愛し合っていることが、
スクリーンから溢れる光のように、観客の胸になだれこんでくる。
何度見ても、そこで、私は涙せずにはいられない。


この世界に、永遠の愛は存在すると感じられる。

うん、きっと、本当に存在している。



www.youtube.com