海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

ウルフの本を作りたい

来年の目標

  1. ちゃんと働く
  2. お金をためて4K テレビを買う
  3. ウルフのレビュー本を発表する
  4. 趣味のウルフ翻訳を完成させる

 

ウルフの小説に関する入門書のようなものを作ってみたいなあと考えている。(もう5年くらい・・)
既存の本は、ググる絶版本が存在するが、まず手に入らない。(自分も読んでない)

 
ウルフに関する研究書はいくつかあるけど、わかりやすいものは少なくて
しかも原作の翻訳書自体、すべて流通しきっているわけでもない。
(中古しかなかったり、やたら高額だったりする)

 
一般的には「灯台へ」「ダロウェイ夫人」くらいしか読まれていないんじゃないか?
それをもうちょっと押し広げるような活動をしていけたらいいなあ。

 
わたしがウルフを好きな理由はいくつかあるが、
端的に言うと、作品ごとに明確な挑戦、世界観の構築がなされており
それが途方もなく美しい文章で語られている、ということがある。


たとえば、
「ダロウェイ夫人」の場合、19世紀末ロンドンをミニチュア的に再現し、
「オーランドー」では両性具有という最強の道具を使って、近代イギリス史を描き切ることを試みている。
小説内に時間と空間を内包しようとしているのだ。
 

「波」の場合は主役の"不在"という形式をとり、周辺にそれを語らせる。「霧島、部活やめるってよ」の原型に近い。
灯台へ」では、ある家族の一日と数十年の間の空白を繋げて、「時間」そのものを語って見せる。
「歳月」は「灯台へ」のやり方をさらに綿密に押し広げた感じ。

 
そして遺作の「幕間」ではついに小説を飛び出し、(劇中劇という)演劇という形態が与えられる。
最後にして、ウルフはついにある種の肉体的感覚を得ようとしており、それが感動的なのだ。


みたいな感じで、こういう各作品のレビューと解釈をやってみたい。

うーん。できんのか?

てか需要はあるのか・・?


少しでも興味がある人がいたら、作ってみたいと思います。
そして一緒にやってくれる人がいたら、ぜひやりましょう。
 

ちなみにエッセイは全部読んだわけではないのだが、圧倒的に「病むことについて」がめっちゃ良い。


わたし、文学関係者でもなんでもない一般人としては、日本でもかなりウルフ読んでるほうじゃないかって自信があるので、その魅力を伝える活動をやりたいなあ。

多少時間をかけてでも。


追記:オルランドがブルーレイ化されるらしい!!!めでたい!!!

2018年ベスト映画20本

まだ12月終わってませんが、今年も書きます。
11月30日までの劇場公開作を挙げました。
あまり大きな声では言えませんが、結構余裕があり
400本近く映画を観た人間なので、わりと自信をもっておすすめできます。
一作だけかぶって紹介しているのがあるので、厳密には21本です。

去年のやつ↓
mitsuba.hateblo.jp

マメに更新しているFirmarks↓
filmarks.com


最優秀エンタメ部門

  1. ヴァレリアン 千の惑星の救世主
  2. クレイジー・リッチ!
  3. ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
  4. ブリグズビー・ベア
  5. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル


ここに挙げたものは、何も言うことがないです。
どれも最高オブザ最高。
いいから見ろ!!!!11111
そして笑って泣いてハラハラドキドキして、最後に笑顔になろう!
(ファンタビはちょっと違うが)
こうしてみると、今年は明るい年だったんだなあと思う。

上質ヒューマンドラマ部門

  1. ボルグ&マッケンロー
  2. アマンダ(東京国際映画祭
  3. それから
  4. ファントム・スレッド
  5. ジャコメッティ 最後の肖像


ボルグ&マッケンローはテニスの試合を描いた映画です。
同じテニスものだと「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」も相当よかったんですが、
鬼気迫る戦いの描写が良すぎたのでこちらに軍配を上げます。

「アマンダ」は東京国際映画祭でグランプリを獲ってました。
劇場では来年公開なので是非みてほしい。
静かに感動する、フランスの作品です。

「それから」は韓国のホン・サンス監督の会話劇で、昨年のカンヌコンペ作品。
モノクロームの世界に、ジム・ジャームッシュのようなミニマルさが映えている。
今年はこの監督に出会えたことも大きかった。
最新作の「草の葉」も、東京フィルメックスに観に行って、やっぱりおもしろかった。

ファントム・スレッド」「ジャコメッティ」もよかった。
入れられなかったけど「万引き家族」「ペンタゴン・ペーパーズ」も印象深い。
どれも大人のための映画で、映画を観るよろこびに浸れる作品だった。

愛と青春の陶酔部門

  1. 君の名前で僕を呼んで
  2. ヴァレリアン 千の惑星の救世主(二部門受賞)
  3. くるみ割り人形と秘密の王国
  4. 虹色デイズ


もうなんといってもCall Me By Your Name。
今年もっとも映画館鑑賞回数が多い(6回)
字幕も、吹き替えも、爆音上映も、原作小説も、すべて素晴らしかった。
ブルーレイも買って何度も見てます。

ラブロマンスとしてのヴァレリアンもブチあがったなあ。
くるみ割り人形については最近の日記に書いた。

虹色デイズ」っていうのは、ExileとかのLDHが製作した、男子高校生の青春映画。
女子高生以外誰も見ないだろって感じなんだけども、
これがよくできていて、すごくよかったんだよー!!!
まず、冒頭、男子たちが制服のままプールに突っ込むときに、
フジファブリックの「虹」が流れるの!!!!
ハイ優勝~~~優勝~~~~~~~

参考
日本語吹き替え版、という世界の広がりについて(ファンタビとくるみ割り人形によせて) - 海の響きを懐かしむ
「君の名前で僕を呼んで」字幕版と吹替版の感想 - 海の響きを懐かしむ


イケイケバイオレンス&サスペンス部門

  1. 孤狼の血
  2. ビューティフル・デイ
  3. 累-かさね-
  4. デトロイト


いやーーーー「孤狼の血」サイコーだったですね。
まさか平成最後にこんなヤクザバイオレンスが、
松坂桃李くんで観られるなんて、だれが予想したでしょうか。

少年は残酷な弓を射る」のリン・ラムジー最新作「ビューティフル・デイ」と、
賞レースは総コケした「デトロイト」はどちらも圧倒的な映像だった。

「累」も相当おもしろい邦画だったな~!

胸があたたまる部門

  1. パディントン2
  2. しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
  3. ブレス しあわせの呼吸


パディントン2」はエンタメ部門と迷ったけど、
カリプソ風味の音楽や、話のテンポの良さも含めて、とても幸せな気持ちになれたので。
「モード・ルイス」は、サリー・ホーキンスイーサン・ホークという、
個人的に大好きな俳優の共演で興奮したし、最高のドラマだった。
「ブレス」はアンドリュー・ガーフィールド主演の難病ものだけど、
家族愛のドラマとしてすばらしかった。


こうして見ると、いわゆるマーベル系の大作や賞レースものがほとんど入ってないことに気づく。
グレイテスト・ショーマンボヘミアン・ラプソディどこいった。

劇場公開作以外には、昔の映画をよく見ていて、特に1950年代のものをかたっぱしから見ていました。
禁じられた遊び」とか、初期黒澤明とか、フェリーニベルイマンとか。

あとは大小問わず映画祭や特集上映にたくさん参加したのが楽しかった。
東京国際映画祭東京フィルメックスポーランド映画祭、アンスティチュ・フランセの特集等々。


12月の映画でいいのがあったら、あとで追記します。

映画の視聴記録をGoogle Spreadsheetで管理する

こんにちは。みつば(id:mitsuba3/Twitter:miyayuki7)と申します。
この記事は、Spreadsheets/Excel Advent Calendar 2018 の4日目の記事です!
最初に断っておきますが、本記事は特に技術的なことは書いておりません。。。
ただこういうシートを作ってますという記事です。志が低くて申し訳ありません。

adventar.org


昨日は、id:minemuracoffee さんの「転生したらSpreadsheetだった件 第2話」でした。
続きが気になるところですが、一方で大変そうでもあるので、
みなさんまだ空いてる日に是非エントリーしましょう!
以下minemuracoffeeさんの記事から引用;

6日にもAdvent Calendarには空きがありますが、技術記事のストックがあるため、この小説の続きはたぶん11日になるとおもいます。そのさき空きが続いており、心が折れないか不安なので誰かCalendarの登録して技術記事を書いてほしいと切に願っています。

kakuyomu.jp


さて本題です。
私は、ここ数年の趣味が映画を観ることで、
時代も洋の東西も問わず、映画を観まくる生活を送っています。
そして忘れっぽいので、映画の視聴記録を、3つの方法でつけています。

  1. 映画SNSのFirmarks
  2. アナログのほぼ日手帳
  3. Googleスプレッドシート

もともと記録魔なので、感想や半券チケットなどを保存するのが好きなため
このようなマメな方法を取っています。

miyayuki7さんの映画レビュー・感想・評価 | Filmarks映画


ただ記録をつけるだけならFirmarksだけでよいのですが、
Firmarksの映画データベースには、以下のような難点がありました。

  • 視聴にかかった金額(映画の入場料やサブスクリプション、レンタルの料金)を記録できない
  • 作品を最初に観た日の日付しか記録できない
  • あらかじめFirmarks側が作品登録したものしか記録できない
  • ジャンルや製作年で作品検索ができない


つまり、同じ映画を何度か観たり、マイナーな作品を観たりした場合、記録がしづらいのです。
また、趣味にいくらつぎ込んだのか、具体的に金額を知りたいと考えました。
これをなんとかしたいと思った結果、スプレッドシートで視聴履歴をつけ始めました。


2年ほどかけて改良を積み重ね、下記のフォーマットに行きつきました。
これは2017年の履歴シートの一部です。
金額や映画館の場所などは、個人情報なのでモザイクしてます。
(いくらかかってるのか、おもしろいんですが、生々しいので。。。なお二ケタ行ってます。)

f:id:mitsuba3:20181203162321p:plain
視聴履歴スプレッドシートキャプチャ画面


正直お見せするのも恥ずかしいほどの、ごくふつうのシートなのですが、
作品名だけでなく、ジャンルや公開年、観た場所でソートできるようにしてあるのがポイントです。
これのおかげで、たまにフィルタかけると、
1980年代の映画をよく観てるなとか、
ちゃんとサービスデーを活用しているなとか。
一番よくいく映画館がどこだろうとか、
そういうのがわかるわけで、ライフログ的にも結構おもしろいです。


ちなみにB列の★は、特によかった作品につけるマークで、
J列の「マイル」というのは、TOHOシネマズの有料会員のシネマイレージの意味です。
(映画の上映時間分のマイルがたまる)


いまはまだ履歴を書き連ねているだけですが、
今後は、観たい作品をリスト化して、vlookupで視聴履歴リストと照合する・・・
というようなことを、やっていきたいと思っています。
(というかそれを作ってせめて本エントリを書きたかったのですが、時間が足りませんでした。。)


以上です!
明日は@takanakahikoさんの記事です!
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

日本語吹き替え版、という世界の広がりについて(ファンタビとくるみ割り人形によせて)

最近、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」「くるみ割り人形と秘密の王国」という映画を観た。どちらもワーナーとディズニーの冬の大作映画で、一度だけでなく二回、三回と繰り返し鑑賞した。

wwws.warnerbros.co.jp
www.disney.co.jp


自分はこの二作を観て、ひどく感動してしまった。普段放置しているFacebookに感想をアップしてしまったほどだ。ビジュアル、役者の演技、CGのクオリティ、音楽のすばらしさ、どれをとっても最大級の良さだったのだが、それ以上に印象深かったのが、日本語吹き替え版が素晴らしかったことにある。


とりあえず一度目は字幕版を観るわけだが、そのあとに吹き替え版を観ることで、字幕を追っているだけではわからない、細かな演出や俳優の表情に集中できる。これだけだと、英語を理解してそのまま観ればいいじゃないかという話になるが、そうじゃない。吹き替え声優さんの演技力の高さに感嘆したのだ。


「ファンタビ」では、押しも押されぬ人気声優の宮野真守さんという人が、主人公の声を当てている。最初はただのアイドル枠だと思っていたが、それだけではない。いわゆる甘い声というだけではなくて、エディ・レッドメインが発する主人公の、ちょっとシャイで優柔不断な感じが、吹き替えの声にあふれているのだ。


もっとすごかったのが、「くるみ割り人形」に出演していた坂本真綾さんだ。キーラ・ナイトレイが演じるシュガー・プラムというお菓子の妖精の声を当てている。映画を観てもらえればわかるが、この妖精の声はかなりおもしろくて可愛いしゃべり方をしている。かん高くて、甘ったるく、少しマリリン・モンローも入っているような感じだ。坂本さんは、このキーラの話し方を、日本語のニュアンスで完全に再現している。自分はこの映画を字幕で2回、吹き替えで1回観たが、坂本さんの演技を観に、吹き替えでもう一度見たいと思っているほどだ。それほどまでに彼女の演技が素晴らしかった。


坂本真綾さんと言えば、歌にアニメ声優にとマルチに活躍している人だが、自分のファーストコンタクトは、「スターウォーズ ファントム・メナス」でのパドメ女王の吹き替えだった。ナタリー・ポートマンの可憐さと透明感を、あれほど声だけで表現してみせる人は他にいない。わたしにとっては、洋画吹き替えのミューズが坂本さんなのだ。


と言っても、少し前まで、吹き替え版には完全に偏見を持っていた。演技が下手なアイドルやお笑い芸人たちが声を当て、客寄せパンダになり、作品をかえって台無しにしている———そんなイメージを持っていた。今でも、そういう作品もあると思う。しかし、ワーナーとディズニーという巨大企業が予算をかけて作った吹き替え版を観て、そういう作品ばかりではないのでは?と思い始めた。


話は少し変わるが、自分は昔の映画によくある、オリジナル邦題が結構すきだ。ウォン・カーワァイの「恋する惑星」の原題は「重慶森林/Chungking Express」で、恋するのコの字もない。でもこのタイトルのほうがずっといい。昨年、「Hidden Figures」が「ドリーム」と翻案されて議論になったが、日本語オリジナルのタイトルそれ自体は、映画の世界観を言語を超えて押し広げる可能性を秘めているわけで、決して排除されるべきではないと思う。


同じことを、吹き替え版にも思い始めている。一部の声優、俳優は、ハリウッド俳優に負けず劣らずのプロフェッショナルだ。そのプロたちが、母語であることばで、単なる翻訳以上の表現をしてみせる。そういう仕事にもっと触れたいし、単純に比較もして楽しみたい。質の高い吹き替え版を、もっともっと観ていきたいと思う。


追記
mitsuba.hateblo.jp

「2001年宇宙の旅」70mm特別上映&IMAX上映に行った

www.youtube.com

製作50周年記念 『2001年宇宙の旅』70mm版特別上映 | 国立映画アーカイブ


運よくチケットが手に入り、京橋の国立映画アーカイブに「2001年宇宙の旅」70mmニュープリント特別上映に参加してきた。

これはクリストファー・ノーラン監修のもと、フォトケミカル加工のみでつくられたニュープリントで、今年のカンヌ映画祭でお披露目されたあと、世界各地を限定公開で回っているというもの。

結論から言うと、とってもとっても美しかった。
特に赤色の発色が見事で、冒頭の日の出のシーンから、鮮烈な赤が目に飛び込んでくる。
あんなにきれいな赤を映画で見たのは初めてだった。

ラスト近くのスターゲートのシーンに至っては、色の大洪水というかんじで、
もうダメです!!!!!!と悲鳴を上げたく鳴るほど鮮やかな色の連続が襲いかかってきて、
とにかくヤバいの一言に尽きた。

6chの音もすごくて、本当に、映画を観るというよりは「体験」に近い感じ。
フィルム上映で、ありったけの臨場感・立体感が感じられるというのは、すごいことなのだと思う。


音楽の流し方も、ワーナー・ブラザースの指示書に厳密に沿っていた。
暗闇の状態から前奏がはじまって、
インターミッション、THE ENDでも、照明に合わせて音楽が流れる。

映画というよりは、オペラを観るような、あらたまった形式での上映だった。


その後、IMAXの上映も観に行ったのだけど。。。
正直、70mmの体験が強烈で、その感動を上回る感じがどうしても持てなかった。
たぶん70mmを観ずにIMAXを観たら、じゅうぶんすごく感じると思うのだけど。
それで、たいへん贅沢な体験をしたのだな~と、あとからあとから噛みしめている。

エマ・ワトソンの出演作

美女と野獣以降、エマ・ワトソンが出ている映画をちょこちょこ見ていて、
彼女が出ている作品には一貫性があるなーと思った。
そんなに出演作は多くないんだけど、メジャーからインディーまでどれもクセがある。
適当にオファーを受けているのではなくて、
彼女自身がちゃんと作品を選んでいるんだろうなーというのが、よくわかる。


ただの青春映画なだけじゃない、心の傷を抱えた高校生たちを描いた「ウォールフラワー」、
1980年代の悪魔崇拝をテーマにした「リグレッション」、
やはり1960年代のチリのカルト宗教施設からの脱出劇「コロニア」、
イケイケIT企業の若者たちを風刺した「ザ・サークル


どれも一言で「おもしろい!」と言えるような娯楽作品というよりは、
何らかの社会的な問題提起をするような作品だと思う。
明確な意志を持って女優という仕事をやっているんだろうなあ。
すごくカッコいい。


ソフィア・コッポラの「ブリングリング」は見損ねていたんだけど、
NETFLIXに再加入したので、近いうちに見ようと思う。


コロニア(字幕版)

コロニア(字幕版)

全日本 このおしりが可愛い!ポケモン選手権

こんにちは。みなさんはポケモンGOやってますか。
ポケモンかわいいですよね。
正面からではなく背後から観察すると、もっとかわいいんですよ。
手持ちのポケモンのおしりだけをうっとり眺めることもあります。
そんなおしりたちを今日は見ていってください。

サイホーン

この強烈なおしりの存在感。
いかつい顔からは想像もできないキュートさ。
ギャップ萌え。
デカケツポケモンに改名しよう。

ガーディ

おなかの模様がしっぽの付け根まで伸びているのが、
どことなく色っぽいガーディのおしり。
可愛さの中に色気もある、でも純真な女の子みたいなおしり。
抱きしめたい。

ニドラン♀

でかめのおしりに小ぶりな足。
紅の豚のフィオも言ってましたよね。
「ごっめーん!あたし、おしりがおーきいの!」
そんな明るいセリフを思い出すようです。
茶目っ気いっぱいでかわいい!

エーフィ


エッッロ!!!!!!!!!!ッッッッッッ

このくびれ。この細さ。
なんともいえないムーディなおしりから生えたしっぽ。
都会的でセクシーな雰囲気ムンムン。
ベスト・オブ・エロ尻ポケモンといえばエーフィ一択だと思う。

フシギダネ


あー。
かわいいかよ。
最高。
どんなに他の尻に浮気しても結局この子に戻ってきてしまう。
まるっこい足、絶妙な大きさのお尻、それに乗っている球根の絶妙なバランス。
何度でもつるつるさわって愛でたくなる。
ラブリーチャーミーなおしりといえばフシギダネ
かわいい。


ちなみに伝説のポケモンだとコイツがいいケツしてます。

筋肉美っていうか。鍛え上げられた筋肉に支えられた美しいおしりですね。



みなさんも好みのお尻を探してみてはいかがでしょうか。

9月、10月に見る予定の映画

9月10月は、正直シネコンものはパッとしない印象です。大作もないし、邦画も微妙だし。久しぶりにミニシアターに通う感じになりそう。あと、10月にフィルムセンターでやる「2001年宇宙の旅」70mm上映のチケットが奇跡的に取れたので、観に行きます。

11月は話題作目白押しって感じなので、楽しみ。


500page-yume.com

ダコタ・ファニング最近どうなんだろうと気になっている。


www.disney.co.jp

何もしないプーさんみたいな生活を目指したい。


regression.jp

エマ・ワトソンイーサン・ホークでスリラーとか全然聞いてないよ!でもつまんなさそう!!!


maxam.jp

これは超おもしろそう。普段馴染みのないタイ映画かつ、カンニング映画ということで期待している。


warnerbros.co.jp

話題になってたCrazy Rich Asians。やっと日本で観られるよー!


tulip-movie.com

アリシア・ヴィキャンデル最新作。個人的にはデイン・デハーンとカーラ・デルヴィーニュというヴァレリアンコンビがまた観られるのがうれしい!!!


makeinu-bigaku.com

そんなに期待してるわけじゃないんだけど、前売り券買ってしまった。


gaga.ne.jp

アンドリュー・ガーフィールドは応援しているので。


angel-mienai.com

10月の公開作の中ではいちばん興味ある。


chinas-van-goghs-movie.jp

普通におもしろそう。


raimugi-movie.com

ジュマンジで主演してた男の子の青春ストーリー。気になる。


haikarasan.net

前作も観たので、一応後編も観る。

ヴォルテール『寛容論』

夏休みの読書感想文のひとつ。
小説ばっかり読んでいて古典も読まなきゃなと思って読んだ。

理性によって人は寛容でならなければならないという主張で、古代ギリシャもローマもユダヤ教もめっちゃ寛容だったのにカトリック(というかフランス)は宗教戦争したり迫害しまくったりしてめっちゃ不寛容じゃんダメダメ、という話。
光文社古典新訳文庫なので、読みやすかった。

寛容論 (古典新訳文庫)

寛容論 (古典新訳文庫)

「タリーと私の秘密の時間(原題:Tully)」が、育児のリアルを描いていて若干ホラーだったという話

tully.jp


ジェイソン・ライトマン監督の新作「タリーと私の秘密の時間(原題:Tully)」を観ました。シャーリーズ・セロン主演のヒューマンドラマです。

あらすじは、シャーリーズ・セロンが3人の子ども(新生児含む)の母親マーロを演じていて、ワンオペ育児をものすごくがんばるのですが、疲れてボロボロになってしまう。そこで兄に勧められたナイト・シッターを雇うと、Tullyという若い女性がやってくる。タリーは若くてちょっと不思議な女の子なのだけど、仕事は完璧で、赤ちゃんの世話だけでなく家のこともやってくれる。夜だけやってくるタリーに、最初はシッターを雇うことに懐疑的だったマーロは、心を開いていくが・・・
という話。


まず、同じ監督・脚本家で、同じくシャーリーズ・セロン主演の「ヤング≒アダルト」という映画があり、この3人の再タッグ作ということで、すごく期待していました。こちらは、アラフォー独身女性の酸いも甘いもの人生を描いた、最高のコメディ映画です。Amazonプライムでも観られるので超オススメ。


で、Tullyのほうなのですが、育児疲れをすごくリアルに描いていて、いい意味で辛くなりました。家族の素晴らしさ・平凡な暮らしの尊さを描きながら、子どもを育てることの厳しさ、孤独が、とても伝わってくる。脚本家は女性で、自身の育児体験をもとにしているらしくて、非常にリアルで巧み。そこに18キロ増量したデブデブのシャーリーズ・セロンの熱演が加わってくる。


育児をこんなに夢のないものとして描写した映画は初めてな気がします。舞台はアメリカのニューヨーク郊外ですが、まるで日本の状況を見ているよう。アメリカでも、少し田舎に行くとこんなにも状況は似ているものなのかと驚かされます。最後のオチも考えさせられるもので、ある意味ホラーだったのではないか・・・と思うほど。決しておとぎ話に着地しないのが、良いと思いました。


個人的には、マーロの「(20代を楽しく過ごしていると)ゴミ収集車みたいに30代がやってくる」というセリフが、めちゃくちゃ重くて良かった。


女性には子どもの有無問わず刺さるものがある映画と思いますが、男性の感想も気になります。スカッと「面白かった〜!」と思えるものではないですが、いろいろ考えさせられました。オーシャンズ8が、フィクションとしての女の人生を描いているものだとしたら、こちらは地に足のついた女性映画だと思う(もちろんオーシャンズ、あれはあれで最高なんだけど)


おすすめです。