海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

研究

情報社会学会WIP発表

情報社会学会年次研究大会のWork In Progressセッションで、「ソーシャルメディア上の食事情報を用いた日本の現代家族に関する分析」という発表をしてきた。これは卒業論文の一部を抜粋して少し手を加えたもので、日本発の食事画像共有SNSであるmiilから、Tw…

4月

計算機構成論の授業を受けていることもあり、ヘネパタ本を読み始めた。(第二版なのは先生が薦めているため)こういう類のコンピュータ・サイエンスの、分厚い教科書的な本はほとんど避けてきたのでアレルギーがあったけど、丁寧に焦らず読んでいけばそんな…

最近の関心ごと・UXとレイテンシの関係

ここ数ヶ月ずっと考えていることに、アプリケーションを利用する際に、レイテンシがユーザが感じる使いやすさにどう作用するか、またそれはどういうインターフェイスによって変化するのか、ということがある。具体的には、iPhoneからTwitterを利用する時なん…

脱稿しました

まだこれから、研究室内締め切りとか、製本締め切りとか、最終発表とかあるので、ぜ〜〜んぜん終わりじゃないんですが、ひとまずケリを付けることができました。人が読んで面白いかどうかはさておき、私が面白いもの、私がワクワクするものにはなったと思っ…

Facebook APIの仕様が変わってた

Authentication - Facebook ontwikkelaarsししゃもを使って久しぶりにデータを取ろうとしたら、Facebook APIの仕様が様変わりしていて使えなくなった。大きな変更点はHTTPSへの対応の義務化とOAuth2.0への移行で、実際は細かいところが違っているだけっぽい…

研究紹介ウェブページ

暮らしメディアとりあえず宣言通り、今取り組んでいることを紹介するプロジェクトページを作った。いまは動画を作成中なので、できあがったらそれも載せる。とりあえずがんばったのはロゴwなので、そこを見てもらえれば、と思っている。

標準偏差を使って音量から人の気配を察知する

AudioInput.java — Gistマイクから音量を取って、人間の気配を察知させるプログラムの改良をした。いままで決めうちの閾値でやってたのをやめて、以下のページを参考に、過去の差分から標準偏差を取るやり方を試してみた。Java:合計、平均、標準偏差、中央…

極私的研究プレゼンテーション法&&スライド作成法【英語編】

卒論の中間発表を英語で行った。本来英語化するのはスライドだけでよかったのだけども、個人的には話す言語と書いてある言語が別々であるほうが、たんに英語を話すよりも辛いと思ったので、少し勇気を出してみた。研究内容に関しては、「中間」なので、どう…

あたらしい家族

ある意味究極的な答えを発見してしまった。一読したので、これから考える。

面接練習メモ

修士入学試験の面接練習にて(ログをいただいたので加筆) A先生 なぜ企業ではなくて大学なのか? ものを作りたいだけならば、企業でやったほうがいい。 大学で研究としてやることの利点を。 「形にしたい」ならば、就職したほうが形にできると思う 製品を作…

極私的研究プレゼンテーション法&&スライド作成法

私が3年弱にわたる研究(みたいな)生活で身に付けたものは、技術的には皆無だけど、ひとつだけ、プレゼンテーションの場数を異様な回数こなした、ということがあると思う。(内外の発表含めてたぶん20回以上)特に私がやりたいと思っている事は、純粋なエン…

繋がりの社会性

浜野智史「アーキテクチャの生態系」で出てきた、繋がりの社会性のルーツをたどるべく、北田暁大「嗤う日本のナショナリズム」「<意味>への抗い」→橋本良明「対話のパラドックス」と遡っていった。北田氏の文章はどうにもなじまなかったため、ほんの数ペー…

Connecting families with ICTs: A board messaging system for older adults and their family abroad

①IEEE Xplore - A Web-based system to facilitate elders communication with their families living abroad ②IEEE Xplore - Connecting families with ICTs: A board messaging system for older adults and their family abroad >概要メキシコに住むお年…

サーベイモードに入る

大学院入試の筆記試験が終わったので、次に向けて考えている。うまくいけば来月頭に面接試験、そのあと研究室の卒論中間発表がある。というわけで、これまでの思想・社会学系の基礎教養っぽい勉強から、徐々に先行事例や論文のサーベイに当てていきたいと思…

家庭のない家族の時代

家庭のない家族の時代 (ちくま文庫)作者: 小此木啓吾出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1992/06メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (1件) を見る熊坂先生の授業で紹介していただいた、「家庭のない家族の時代」を読んだ。恥ずかしな…

ioはinput/output ね

以前描いた思考・読書の俯瞰図を、毎週定期的に更新しているので、並べてdiffがよく見えるようにwebを作った。Read, Read, Read and Think !!!これ、続けると結構面白いかもしれない。本が増えすぎたら、消していくので、そのとき何を主に考えてたかとか、わ…

HTML+Javascriptの開発環境を整える

ししゃもを公開したら、何名かの方々からいろいろおかしな部分があると指摘をいただくことができた。改めてHTMLとJavascriptの勉強をし直すとして、ウェブサイトをきちんと作るための環境とツールを整える。 Firefoxの使用 いままでChromeのJavascriptコンソ…

Facebookを使った家族関係の調査[その3]

Facebookを使った家族関係の調査[その2] - opspの続き。Facebook上で日本の家族関係を調査するためのツールを作り、アプリケーションとして公開した。Google Chart APIを使うと簡単にきれいなグラフができるので驚いた。ししゃも現状は、自分のfriendsを読み…

グーテンベルクの銀河系

グーテンベルクの銀河系―活字人間の形成作者: マーシャルマクルーハン,森常治出版社/メーカー: みすず書房発売日: 1986/02/20メディア: 単行本 クリック: 33回この商品を含むブログ (36件) を見る きちんとメモを取りながら、ゆっくり読んだので時間がかかっ…

最近の思考・読書の系譜

404 Not Foundミーティングなどで、最近の私は何をやっていて、何を考えてるのかを他の人に伝えるために、俯瞰図を作ってみた。特に読書なんかは、人によっては「こういう本を読んでます」と言っても、繋がりが見えず理解してもらえないことを危惧しているか…

総合政策学の理論的基礎・研究手法

総合政策学―問題発見・解決の方法と実践作者: 大江守之,梅垣理郎,岡部光明出版社/メーカー: 慶應義塾大学出版会発売日: 2006/02メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (3件) を見る 総合政策学の学位を得る予定にある人間として、今…

ソフトウェア論文

斉藤さんとお話ししたことのメモ。作りたいものがあるとして、その要求と仕様を分けて考える。要求とは、「この要求が満たされると、私が考える問題が解決できる」というもの。その要求を満たせるように、仕様を考えていく。仕様は、抽象度によって機能と実…

「となりのトトロ」におけるメディアについての一考察

「家庭における孤立性という問題」と「その解決策としてのオートメーション」について考えていたところ、ふと、「となりのトトロ」は私の考える世界観にある種ぴったり当てはまるんじゃないかと思った。笑い話程度のものだけど、アイデアを人に伝える際のい…

短期目標(5月)

来週月曜に研究計画書を内部提出したあと、本提出までの間に20日未満ある。その間にやるべきことをメモしておく。 メディア論をおさらい マクルーハンのうちどれを読むかはまだ決めてないけど、とりあえず手持ちにあるマクルーハン理論からかな。 netconfを…

アーキテクチャの生態系

アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか作者: 濱野智史出版社/メーカー: エヌティティ出版発売日: 2008/10/27メディア: 単行本購入: 97人 クリック: 1,099回この商品を含むブログ (266件) を見る本書を自分なりに一言でまとめると、 「ア…