海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

ブレードランナーの感想

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))


観なきゃいけないなーと思っていたけどずっと興味がわかなかったブレードランナー
以前、原作小説を途中で挫折したっきり、放置していた。


それが、3ヶ月前くらいかな、久しぶりに読んでみたら最後まで読めたし結構面白くて、
そのノリでDVDレンタルして「ブレードランナー」を観た。
でも正直、小説のほうがおもしろく感じたというか
映画は映画でまた別物であって、どこの部分を楽しめばよいのかわからなかった。


そのあと、川崎チネチッタLIVEZOUNDで再上映があったので観に行った。
やっぱり劇場で観ると迫力は段違いで、とりあえず映像と音楽が良いなあ、という感想に至った。


これで予習はバッチリ、ということで
初日に「ブレードランナー2049」を観た。
都内のIMAXシアターは真っ昼間だというのに、
おそらく午後半休おじさんであろうサラリーマンの人たちでいっぱいで
普段映画館であんまり観ない光景で不思議だった。


映画は普通によかった。でもちょっと長かったな…
途中からトイレに行きたくなったのと、
前日にぐっすり眠って、コーヒーも飲んで、眠気対策バッチリだったはずなのに
中盤ウトウトしてしまった。


ヴィルヌーヴ監督の「メッセージ」、自分の中ではう~ん普通、って感じだったので
心配してたけど、それでも素晴らしかった。
そしてSONYの四文字が、これほどまでに輝かしく見えたことは
未だかつてあっただろうか、って感動した。


なにより感動したのは、私が大好きなIMAXカウントダウン映像*1
劇中映像を交えた、特別仕様になっていたことだった。
さすがはブレードランナー、破格の待遇です。
美女と野獣でもこれ、やってほしかったなあ。


www.youtube.com