海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

部屋とMiss Diorと私

f:id:mitsuba3:20180118230851j:plain



昔、空港でDiorの香水を買った。20mlの小瓶が5種類入っているお試しセットのようなパッケージで、見た目の可愛らしさにつられて買ったような気がする。ただ当時は若かったので、香水をつけるとしても柑橘系のをちょっと首につけるくらいで、日々常用することはなく、その箱は寝かせたっきりになっていた。1年ほど前、ふと存在を思い出して瓶を開けてみたところ、今の自分のモードにピッタリ合う香水がふたつあった。一つはj'adoreで、もう一つがMiss Dior Cherieだった。このミスディオールが、とんでもなくいい香りがした。


トップノートは強めで、ポップコーンのような、甘ったるい砂糖のような感じ。つけてしばらくすると落ち着いてきて、ふんわりとしてくる(ああ、うまく言葉で表せない)大人の女性の香りというよりは、愛らしい少女のような香り。正直、ディオールの香水なんてベタな・・・って思っていたけど、CHANELのようにキツくなく、かといってLANVINほど大人しすぎない、ほどよい自己主張と弾けるキュートさに、瞬間恋に落ちてしまった。


それから半年以上、Diorのカウンターに通ってはワンプッシュだけつけて帰る、ってセコいことを続けていた。でも使い切っていないCHANEL瓶もあるし、テレビや映画館ではナタリー・ポートマンのCMがテレビで流れているし・・・流行り物に乗っかっている感じがして、なかなか手が出ない。だけど先日、仕事帰りにフラッと寄ってしまったが最後、気づいたら30分後にはミスディオール・ブルーミングブーケを手にしていた。


ああ憧れのミスディオール!!!それが私の手の中にある!!!


あの小瓶をまんま大きくしたような愛らしいフォルムの瓶からスプレーする時、なんともいえない幸せな気持ちになれる。ミスディオールは三種類あって、ブルーミングブーケはオードトワレなのでちょっと迷ったけど(買うならパルファンのほうが良かった)、毎朝つけるのが楽しみで、ここのところルンルンでごきげんだ。ああ買ってよかった。


でも一つだけ残念なことがある。空港で小瓶を買ったころからミスディオールはリニューアルを重ねてしまい、 Cherie独特のあの甘ったるいトップノートが、三種類のなかのどれにも残っていないのだ。小瓶の中のシェリーはもう半分も残っていない。これを使い切ってしまったら、終生あの香りをかげることはないのだろうか。そう思うと切ないくらい惜しい。はじめて観賞用に香水を買う人の気持ちを噛み締めている。


Amazonにはまだいくらか在庫があるようだ。でもネットで買う香水って業者が怪しいし、同じような香りがするのかもわからないので迷っている・・・。でもでも、この小瓶がなくなったら死ぬほど後悔しそうな気がする。


手に入ってもなお私を悩ませる乙女、Miss Diorなのであった。


www.dior.com