海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

愛を証明する

その店でわたしは待っていた
明るい窓際の席に座って

あなたの前でたばこはよした
別に気にしない人と 知っているけど

いつから言い逃れできなくなってしまったの?
混濁したアイスカフェオレを見つめていると
諦めが鳴る 授業を断ち切る チャイムみたいに


それでも

わたしは愛を証明する
わたしのなかのあなたをやりなおしてみせる

もしもあなたが香水であったなら
必ずラスト・ノートまでつかまえてみせるから


あなたも努力をしてほしい
だから わたしは愛を証明する