海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

原稿地獄

ありがたいことに原稿依頼がいくつかあって死にそうです。
仕事として本を読んだり文章を書くことが、普段と違いすぎて、
戸惑いと責任感があります。
日頃何も考えずに本を読んでいなかったんだなと痛感します。


しかしもう、とにかく自分の文章の下手さ、手癖の悪さがひどくて死にたい。
これまでのやり方が通じない、限界が来ていると感じ始めていて(これ前にも書いたか)マジきつい。
書き手としての成長が必要で、そのためにどうしたらいいのか、人に相談しまくっています。
まあでも読んで書くしかないんだよね…。

夏、もう終わりかなと思っていますが、まだまだ終わりそうにありません。


文學界 9月号

文學界 9月号

www.seidosha.co.jp