海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

夏の終わりと、あのころの思い出と、これからのこと

大勢のお友だちと、ライジングサンロックフェスティバルに行ってきた。
野外フェスは初めてだったので戦々恐々としていたけど、
お友だちがいろいろ知見を共有してくれたおかげで、酷いことにならずに済んだ。
とても楽しかった。来年も行きたい。


台風で一日目が中止になって(もう本当にしょうがないし悲しい)
Number Girlと中村佳穂が見れなかったことがすごく心残りだったけど、
その日は札幌の本屋さんやカフェ巡りができて有意義だったし
『かわいいウルフ』をおいていただいているお店にもいくことができた。


二日目のトップバッターはフジファブリックで、夜はELLEGARDENが出演していた。
フジファブリックのライブは、高校生の頃野音で見ていて、
ELLEGARDENアジカン主宰のフェスで見ていて、
どちらもそれが最初で最後だった。
13,4年ぶり?時が経つのは早すぎる。


大学に進学してから、邦楽ロックはほとんど聴かなくなってしまったのだけど
どのバンドのライブも素晴らしかった。
本当に良かった。知らないバンドも聞けた。
それで、急に中高生のころの思い出が蘇ってきてしまった。
ああ、ひとりでロッキング・オン・ジャパンを買える古本屋と
TSUTAYAをめぐる生活をしていたなとか、
スペースシャワーTVを録画してひたすら見ていたなとか、
学校帰りに野音の音漏れを聞きに行ったなとか、
ちょっとギターをかじってバンドっぽいことやってみたりしたよなとか、
ロクに楽器弾けないくせにギタマガとかよんで機材ヲタクしてたよなとか、
そういうことが、強烈に思い出されては去来していった。


帰ってきてApple Musicで彼らの音楽を聞きながら
あの頃思い描いてたこととか、不安とか、なんとなく思い出して
思えば遠くへ来たものだと、泣きたくなってしまった。
歳を取ると涙もろくなりますね。


これだけだとただのノスタルジーなんだけど、そうじゃなかった。
私はずっと、大学生の頃、社会人になってから、と
人生のフェイズがバツっと切れて、それぞれ分断があると思っていた。
だけど、最近高校生の頃の友だちとイベントに登壇したり
大学生の頃を思い出した同人誌を作ったりして
ああ、私の人生はあの頃から今まで地続きで、
分断なんてなかったんだな、あの頃好きだったものを
今も好きなのだな、それでよかったんだ、これからもそれでいいんだ、と思うことができた。
いまは寂しさを引きずりつつも、前向きな気持になっている。
これからもがんばろうと思う。


私の30年目の夏が終わっていく。


www.instagram.com