海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

2018年上半期 ベスト映画10

今週のお題「2018年上半期」

2018年上半期 ベスト映画10

  1. 君の名前で僕を呼んで / Call Me by Your Name
  2. ヴァレリアン 千の惑星の救世主 / Valerian and the City of a Thousand Planets
  3. パディントン2 / Paddington 2
  4. ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 / The Post
  5. しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス / Maudie
  6. ビューティフル・デイ / You were never really here
  7. ジャコメッティ 最後の肖像 / Final Portrait
  8. ビッグ・シック / The Big Sick
  9. 孤狼の血
  10. デトロイト / DETROIT

やっぱり「Call Me by Your Name」がベストだなあ。吹替も含めて4回観た。昨年の美女と野獣と同じループにハマっていて、何度も繰り返し観るたびに発見があった。今は原作本を読んでいる。同じアーミー・ハマーが出てる「ジャコメッティ〜」も、小粒だけどよかったな〜。

エンタメ的に最高なのはもうダントツでヴァレリアンですね。ブラックパンサーアベンジャーズももちろん楽しかったんだけど、フランス的スペースオペラ解釈が面白かった。宇宙人のちょいダサな感じとか、女性性を賛美してる感じとか、最後はいつものベッソン節で「愛だろ愛」で〆!みたいなところとか。シナリオの微妙な不完全さも含めて、愛すべき映画でした。

シェイプオブウォーターは音楽良いね〜って感じでしたが、同時期にサリー・ホーキンスイーサン・ホークが共演してる「しあわせの絵の具」は最高のラブストーリーでした。パディントン2にもサリー・ホーキンス出てたね!

あと最近、いい映画だなーと思った作品はAmazonスタジオ制作のものが多い気がしてます。ビッグ・シックとビューティフル・デイも良かったし。ここには入れてないけど今やってるウディ・アレン新作も、Amazonスタジオだった。

邦画は、「犬猿」と迷ったけど、最近見た「孤狼の血」が素晴らしかった。アッパレ日活!やったれヤクザ映画!
設定は昭和臭ムンムンなんだけど、シナリオは平成的。松坂桃李さんの存在そのものが平成っぽいんだよなあ。ほんと、真木よう子が脱いでたら100点でした。


君の名前で僕を呼んで (マグノリアブックス)

君の名前で僕を呼んで (マグノリアブックス)

Call Me By Your Name (Original Motion Picture Soundtrack)

Call Me By Your Name (Original Motion Picture Soundtrack)

  • Various Artists
  • サウンドトラック
  • ¥1600