海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

映画をどうやって記録しているかと、自作のほぼ日手帳カバーについて

私はいま、3つの方法で鑑賞した映画を記録している。

Firmarks

主に観た直後に感想を書き込む用。全体の印象(面白かった・良かった・つまんなかった等)を一筆書きでメモする感じ。所詮SNSなので、廃れたらやめてしまうと思うので、それ以外に以下2つのやり方でも記録している。
filmarks.com

Googleスプレッドシート

これは詳細なメモ。鑑賞タイトルと日付だけでなく、公開年、観たメディア、料金、ジャンルと、外国映画の場合、原題も入れる。特に良かったものには★マークを付けている。
これは去年の年始のスクショで、別シートに金額と鑑賞本数が足されて、その年の映画にかけたお金や、何本観たかを表示している。金額は見せられないけど、昨年だと300本観て平均的なお給料の一か月分くらいにはなっている。

f:id:mitsuba3:20180530090159p:plain

ほぼ日手帳

映画の半券や、前売り券、チラシから切り取った写真などを貼り付け、詳細な感想を書き込んでいる。完全にプライベートなスクラップブックなので、その映画を観て思い出した過去のこととか、誰と一緒だったかなど、Firmarksには書けないようなことをペンで書いている。字が汚いのであまり公開したくないけど、こんな感じ↓

かなりの量の紙を貼るので、すごく分厚くなっている。昨年は、結局手帳に収まらず、自分で追加のミニページを作っていた。

現在のほぼ日手帳は、以前プレゼントで頂いたミナ・ペルホネンのカバーに、カバーオンカバーのビニールをつけている。

だけど昨年(2017年)のものも、しょっちゅう見返すし、チラシからのスクラップを貼り足したりしていたので、裸のままだとかわいそうになり、カバーを自作することにした。

まずはロフトでかわいい柄のカバーオンカバーを買う。そしてそのサイズに合うように、ゴミ箱に入っていた厚紙と、不要な布袋を切って貼り、最後に手帳を接着テープで切り貼りするだけでできた。


右がそれ。ちょっと不格好だが、可愛くできて満足している。ミナ・ペルホネンのカバーと並んでも遜色ない。そして2017年日記は、表紙を開くと、ステッカーが出てくるのが気に入っている。ナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・デップの「プラネタリウム」の写真と、劇場版エウレカセブンでもらった「PLAYBACK」の文字が踊るのが、過去を振り返るぞ!という気持ちになる。


自分にとって映画を観るのは、ただ観るだけじゃなくて、

  • 公開日を確認し
  • 絶対見たいものは前売り券を購入し
  • きれいなチラシは何枚かとっておいて
  • 映画をきっちり楽しんで
  • 感想をデジタルとアナログの両方で記録する

までが、「映画を観る」行為だと思っている。


これが今の趣味で、とっても楽しいです。一人遊び。