海の響きを懐かしむ

観たもの聴いたもの読んだものの記録と、日記など

映画の視聴記録をGoogle Spreadsheetで管理する

こんにちは。みつば(id:mitsuba3/Twitter:miyayuki7)と申します。
この記事は、Spreadsheets/Excel Advent Calendar 2018 の4日目の記事です!
最初に断っておきますが、本記事は特に技術的なことは書いておりません。。。
ただこういうシートを作ってますという記事です。志が低くて申し訳ありません。

adventar.org


昨日は、id:minemuracoffee さんの「転生したらSpreadsheetだった件 第2話」でした。
続きが気になるところですが、一方で大変そうでもあるので、
みなさんまだ空いてる日に是非エントリーしましょう!
以下minemuracoffeeさんの記事から引用;

6日にもAdvent Calendarには空きがありますが、技術記事のストックがあるため、この小説の続きはたぶん11日になるとおもいます。そのさき空きが続いており、心が折れないか不安なので誰かCalendarの登録して技術記事を書いてほしいと切に願っています。

kakuyomu.jp


さて本題です。
私は、ここ数年の趣味が映画を観ることで、
時代も洋の東西も問わず、映画を観まくる生活を送っています。
そして忘れっぽいので、映画の視聴記録を、3つの方法でつけています。

  1. 映画SNSのFirmarks
  2. アナログのほぼ日手帳
  3. Googleスプレッドシート

もともと記録魔なので、感想や半券チケットなどを保存するのが好きなため
このようなマメな方法を取っています。

miyayuki7さんの映画レビュー・感想・評価 | Filmarks映画


ただ記録をつけるだけならFirmarksだけでよいのですが、
Firmarksの映画データベースには、以下のような難点がありました。

  • 視聴にかかった金額(映画の入場料やサブスクリプション、レンタルの料金)を記録できない
  • 作品を最初に観た日の日付しか記録できない
  • あらかじめFirmarks側が作品登録したものしか記録できない
  • ジャンルや製作年で作品検索ができない


つまり、同じ映画を何度か観たり、マイナーな作品を観たりした場合、記録がしづらいのです。
また、趣味にいくらつぎ込んだのか、具体的に金額を知りたいと考えました。
これをなんとかしたいと思った結果、スプレッドシートで視聴履歴をつけ始めました。


2年ほどかけて改良を積み重ね、下記のフォーマットに行きつきました。
これは2017年の履歴シートの一部です。
金額や映画館の場所などは、個人情報なのでモザイクしてます。
(いくらかかってるのか、おもしろいんですが、生々しいので。。。なお二ケタ行ってます。)

f:id:mitsuba3:20181203162321p:plain
視聴履歴スプレッドシートキャプチャ画面


正直お見せするのも恥ずかしいほどの、ごくふつうのシートなのですが、
作品名だけでなく、ジャンルや公開年、観た場所でソートできるようにしてあるのがポイントです。
これのおかげで、たまにフィルタかけると、
1980年代の映画をよく観てるなとか、
ちゃんとサービスデーを活用しているなとか。
一番よくいく映画館がどこだろうとか、
そういうのがわかるわけで、ライフログ的にも結構おもしろいです。


ちなみにB列の★は、特によかった作品につけるマークで、
J列の「マイル」というのは、TOHOシネマズの有料会員のシネマイレージの意味です。
(映画の上映時間分のマイルがたまる)


いまはまだ履歴を書き連ねているだけですが、
今後は、観たい作品をリスト化して、vlookupで視聴履歴リストと照合する・・・
というようなことを、やっていきたいと思っています。
(というかそれを作ってせめて本エントリを書きたかったのですが、時間が足りませんでした。。)


以上です!
明日は@takanakahikoさんの記事です!
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!